スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原塾 11/18親への配信​・三者面談2

ゆずです。

娘の受験期に
河原塾の教材を購入してから
河原塾との付き合いが始まっています。

私が購入した教材
・中1速習シリーズ・数学
・受験への最終兵器”トリロジー”
・中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」

その後、教材のの購入者宛にも
とてもためになるメールが送っていただけて
とても感謝しています。

その後、個人的にメールのやりとりを通じて
河原さんのメールをこのブログにもアップしてよいとの
許可を頂いて、特に役に立ちそうなメールの関しては
当ブログにて、度々ご紹介してきました。

時期的に
受験生の親御さまは
三者面談の時期だと思うので今回も
その内容に総メールでしたのでシェアしたいと思います。

2通目のメールです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
つづきです

さて、いかがでしょうか?

5個中2つ以上当てはまる場合は、8割を切ります。
1通目に書いたような担任の三者面談で言われることが当てはまります。

ですので、志望校を下げてください。
今更、改善することは、なかなか出来ません。

しかし、この5つの4つ以上できている場合は、
塾からの教えをしっかりやっている子です。まだまだ、見込みがあります!

焦らずにじっくり状態を見て行きましょう。
志望校の決定が難しかったら、まずは、すぐにメールで相談して下さい。

学校の先生は、各生徒の「伸びしろ」を見る事ができません。
なので、子供の来年の姿が、予想が出来ないのです。

塾では、そのために、毎日の生活の記録表をつけています。
それを、毎回しっかりとチェックしています。

塾超(長)が、各自の3月受験の段階までの伸びしろも考えて受験指導しています
そこが、大きく違うところなのです。

そして、それこそが、あなたのお子様がこの塾に来ている意味があるところなのです。
ですので、何か困ったことがあったら、何でもお知らせ下さい。

夏から続いた生活習慣を、今からどのように継続して、そして発揮させるかが
今後の課題ですが、ただ、勉強だけしている子は焦るばかりで、
ほとんどがこれから成績を伸ばすことが出来ません。

そして、夜がどんどん遅くなり、朝が遅れます。
そうなると、また焦りだすの繰り返しです。

それが、一般的な中学生の流れです。

誰かが、この大きな間違いを強く正してあげなくてはいけないのですが、
誰も言わないし実践しないので、塾超、塾長が真実を言います。

ただ、勉強してさえいれば、合格出来ると思っている人、大間違いです。
人間は機械ではありません。

今、出来るようになっても、本番では多くの間違えを引き起こすことになります。

とにかく、僕の言ってきた「朝を大切にする生活習慣」が全てなのです。
それが無くては、何も始まりません。


最後に、一番言いたいことを書きます。

親の心配は子供にダイレクトに響きます。
子供が弱気になるのは、あなたが「弱気な言葉」を放つからです。

今、とても大切な時ですが、三者面談で散々言われて一番ショックなのは、
言うまでもなく、あなたです。

一番しっかりとしなければならないのは、実は、子供よりも親であるあなたなのです。

親が、心配のため担任先生の言う事を鵜呑みにして、
子供のがんばりを台無しにしてしまうことも多くあります。

どんなに心配でも戦っているのは子供です。
あなたが、どんなに心配でも、子供を邪魔してはいけません。

しっかり頑張っている子供(先ほどの8割ルール)には、可能性があります。
そして、必ず、それはいつか花開きます。

決して、あなた自身がお子様の「ドリームキラー」にはならないように注意して下さい。


塾超
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いかがでしたでしょうか?

私も昨年経験しましたが
中学校の担任はまずいちばん考えることは
いかに高校受験を失敗させないかということだと思います。

河原さんのメールでもあったように
普段の生活習慣や学習の進捗状況を事細かに
学校の先生は把握していないと思います。

なので学校の先生も
現時点での成績といままでの在校生の成績との比較
でしか答えられないんだと思います。

さらにどうしても不合格にはさせたくないということから
予想以上に厳しいことを行ってくる先生が多いいかもしれません。

去年の我が家も
学校に相談して決めるというより
内申書を書いてもらわなければいけないので
決意表明をするつもりで三者面談に臨みました。

私立の高校で学校推薦基準に満たしている
ところを話して、公立は不合格でもそれは
了承済みなので学校には迷惑かけないから
希望する学校の内申を書いてくださいというような
話をしました。

直接的な表現ではなくもっと
オブラートに包んだようには話しました。

保護者というか
親も悪い奴がいて
いわゆるモンスターペアレンツというやつですね。

そういう親が
先生が大丈夫って言ったから
この高校を受けたのに不合格だった。
どう責任をとってくれるんだみたいな親もいるそうですよ。

私もサービス業に関わる部署で働いているので分かるんですけど
何でもかんでも人のせいにしたり、個人の権利ばかり振りかざす
大人が増えていると感じています。

そんな状況の中で
学校の先生がこの先の伸びしろまで判断した上で
ギリギリの学校を薦めてくれるわけがありません。

どうしたって
安全なところに話が向かっていってしまいます。

なので
我が家は三者面談時には
学校の実力テストの結果から見てもかなり無理があると
先生が感じるであろう千葉東高校への受験は
完全に自分たちの自己責任において受けるんですよ!

不合格でも先生には一切文句なんて言いませんよ!

みたいなことを上手く話したつもりです。

しっかりとここまで
お子様の学習に関して興味を持ち
見届けてきたのであれば子どもと一緒に出した結論に
自身を持って頑張ればいいと思います。

メールに書いてあった

あなた自身がお子様の「ドリームキラー」にはならないように注意して下さい。

この事についていま一度
考えてみましょう。

私も今回のメールを見て
もう一度、中二の息子の勉強への取り組み方を
精査して見たいと思います。


人気教育雑誌「プレジデントファミリー」11号にて

紹介された河原塾の
「高校受験・国語読解テクニック」
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. 無題

ゆずさんに質問があります!
学校の先生は、眠くなるのを我慢して夜遅くまで勉強しろ~と言います。
あまりよくないですよね!?


あともう一つ…
私の志望校は、帰国子女3分の2、一般生3分の1と、一般生の私にはとても入りにくく偏差値も70とレベルが高いです。また、私立なので問題もくせがあり、数学は特に国語のような文章の長さです。
このような特徴のある問題の場合の対策は過去問を解くしかないのですかね??
また、帰国子女向けのため単語が難しく前から勉強してるのですが、いまいちしっくりきていません。今から入試までに間に合う単語の勉強の仕方があったら教えてください。
本当に行きたい高校なので、是非アドバイスお願いします。

2. 初訪問です!

ブログ記事読ませていただきました!いろいろなブログを見てまわるのが趣味で、最後にたどり着きました!次の更新もがんばってください!楽しみにしています!
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。