スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は息子の後期中間テストです。イモトのマナスル登頂に思うこと・・・。

ゆずです。

本日は息子の後期中間テストです。
正直な話、予定していた計画通りには勉強は
進みませんでした。

それでも最低限の勉強はやっていました。
結果はどうなるかわかりませんが
多少息子に変化があるのを感じました。

450点以上取りたいとか
もっと頑張ってやらないと間に合わないとか
勉強に対して前向きな発言が自分から言うようになってきました。

この前テレビ(イッテQ)で
タレントのイモトアヤコさんが
マナスル(8163m)の登山に成功しました。

たまたま息子と一緒にテレビで見てしまった。
(本当はなるべくテレビ見せないようにしているんですけど・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ )

単純にすごいなと思いましたが
その成功には多くの協力者がいて
初めて成功したんだと思います。

シェルパというサポートする現地の人々が
荷物を運んだり、登山ルートを確保したり・・・。

高校受験においては
親がシェルパの役割であってもいいなかなと思います。

実際に目標とする自分で決めた
山(志望高校)にアタック(受験)するのは本人です。

その山の頂に一歩一歩と自分で歩く(毎日の勉強)のも
本人です。

イモトさんも一番きついのはメンタル、
精神的な部分であると言っていました。

なんでこんな苦しい思いをして
山に登らなければいけないんだろうと・・・・。

1人でテントにいると
色々なことが脳裏を駆け巡るそうです。

寒くて、孤独で1人ではどうしようもない状態。

そんないつ挫折してもおかしくない状態を
克服できたのは多くの仲間の存在だったようです。

8000メートル級の山への登山は
本当に生死がかかっている挑戦です。
緊張感も半端無いと思います。
本当のこと言えばテレビのバラエティーで
やっていいものかどうかも疑問に思うところですが
まぁそのことは置いとくとして

高校受験も多くの子供たちにとっては
初めて人生の岐路に立たされる挑戦になります。

山の麓から
ただ単にガンバレ、ガンバレと言っても
その山に向かって1人テントの中でもがき苦しむ
人にその声は届くでしょうか?

私は決して届くことがないと思います。

勉強しなさいと言っていながら
自分は好きなテレビを見ていたり、
子供の前でスマホをいじってみたり・・・。

こんな行動を親がしていては
一生に受験に立ち向かうチームに一員ではないですよね。

色々な考えがあるとは思いますが
私自身は高校受験までは単独登頂ではなく
チームで登頂をした方がいいと思っています。

そのチームの仲間には塾なども入るでしょう。
ただ塾はチームスタッフの一員でしかないと考えておいたほうが
いいと思います。

登頂(受験)を成功させるための
スタッフの中心はやっぱり親である私たちです。

自分の子供のことは
親である私たちが一番わかっているはずですよね。

子どもと接してきた時間が他の誰よりも
一番長く、深いはずです。

思春期の難しい時期でもあるので
素直に親の言うことを聞かないこともあるでしょう。

それでも直接的、間接的にやれることは
たくさんあるはずです。

日々の生活習慣のあり方や
食事を含めた体調管理などなど

受験生の親御さんは
ここ数ヶ月は自分の子供の変化に敏感になってください。

受験生本人は一番苦しい時期です。

私自身はそんな子供たちのために
サポートチームの隊長でありたいと思います。

子供が苦しんでいるときには
励ましてあげたいし、時には心を鬼にして叱咤激励しなければとも思います。

その言葉を素直に受け取ってもらうためには
自分自身の行動もまた一緒に戦う仲間であるという
行動が必要ですよね。

まだまだ未熟ですが
息子の受験に向かってそんな存在になれればいいかなと
なんとなく思ってしまいました。

このブログにおいても
受験生へのエールは最後までしていこうと思っています。

読んでくれている
受験生や保護者の方には
麓での応援程度にしか聞こえないかもしれませんが
一生懸命応援させていただきます。

何か質問等があれば
コメントでもメッセージでも結構ですので
聞いてください。

悩みに対して的確なアドバイスなんて出来ないかもしれないけど
人間って聞いてもらうだけでスッキリする部分もあるじゃないですか?

悩みを聞いてあげることは出来ます。
私が分かる範囲でアドバイスできることもあるかもしれません。
少なくとも全力で励ますことぐらいなら出来ます。

どんな状況でも
チャレンジすることなく
諦めることだけはしてほしくないかなと思います。

少なくともチャレンジは成功するにせよしないにせよ
次のステップにチャレンジした経験はつながりますし
その経験こそが自分自身への大きな財産になると思います。

最後まで
諦めずに、歩みを止めることなく
頑張ってください!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。