スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県高校入試 併願パターンの研究<基礎編その1>

こんばんは
ゆずです。

今日は泊まり明けで
家に帰ってきたのですが
秋休み中の娘と妻が髪の毛を切りに行くというので
美容院までの送り迎えをしたりして
午後3時ぐらいに家に帰ってきてから
バッタリと先ほどまで死んだように眠っていました。

これから少し息子の勉強を見ようかと思います。
DUOselectもやらなくちゃいけませんしね。

さて
千葉県の高校入試の情報としては
とてもためになる情報を提供してくれているサイトに
「さくら進学クリニック」
というサイトがあります。

昨年の娘の高校受験では色々とお世話になりました。

その「さくら進学クリニック」の
進学コラムに
併願パターンの研究<基礎編その1>
という記事がアップされています。
当該記事⇒http://d.hatena.ne.jp/sinkuri/20130927#p2

10月に入り
そろそろ高校受験において
併願のことも考えなければいけない時期ですね。

ぜひ千葉県の上位校を目指す
受験生の皆さんは参考にされるといいと思います。

千葉県以外の方でも
考え方としては参考になる部分があるかもしれませんので
ご自身の都道府県に当てはめて見てください。

ちなみに今年の受験での娘の併願作戦は

私立:昭和学院秀英高校
私立:市原中央高校
公立:千葉東高校

でした。

「さくら進学クリニック」の進学コラムの記事にあてはめると

・公立志望校が1番手校の場合・・・「公立1+私立1+私立3」

ということになります。

その他に
私立では成田高校・日大習志野高校・八千代松陰高校
国府台女子学院・江戸川女子高校(東京)をリストアップして
検討しましたが受験するにはいたりませんでした。

実際に受験した高校とリストアップした高校の中で
昭和学院秀英高校と千葉東高校以外は
家から学校までちょっと距離があり
3年間通学することを考えると学校までの通学時間と距離というのは
受験校を考える上で結構重要な要素だと思います。

その辺も踏まえながら
納得の行く受験の併願作戦を考えると
いいのかと思います。

もう、そういうことを考えなければいけない
時期なんですね。

去年の今頃は
私も娘の模試の成績などを考えて
色々と受検する高校をどうしようかと考えてた時期です。

娘自身もこの頃は
千葉東高校ではなく市立稲毛高校に
第一志望にしていました。

私自身は娘に千葉東高校を目指して
ひとまずこの秋から冬の間頑張ってみて
その結果次第で最終的な公立の志望高校を決めてみてもいいし、
前期、千葉東高校でダメなら後期に市立稲毛高校にしてもいいんじゃないかと
娘にアドバイスしていました。

娘にその頃のことを聞くと
9月の段階では全然、千葉東に届くと思っていなかったそうです。
自分の中でリアリティにかけていたようです。
それが少しずつではありますが市進の定例やVもぎで成績が
上がってきて自分自身の中でもしかしたら千葉東に届くかもと
思えるようになったそうです。

決して時間的に余裕がある時期ではありませんが
まだまだ少しくらい成績が足りなくてもまだまだ諦める
時期ではありません。

Vもぎで言うと
娘は結局、千葉東の判定はC判定3回、D判定2回です。
一度もB判定以上取れませんでした。

娘の聞いたところ
C判定、D判定しか取れなくても合格している子は結構います。
逆に
A判定、B判定で不合格になってしまった子も決して
少なくはありません。

模試なんか
練習試合なんです。

いくら練習試合に連勝しても
本番で負けてしまったら意味ありません。

受験生が今一番意識しなければいけないのは
直近の模試の結果ではなく本番に合格点を取るために
何をすべきかなんですね。

なのでまだまだ諦めずに
最後の最後まで本番にいかに点数を取るかを
意識しながら10月からの普段の勉強をがんばってください。

これから
私のブログも受験生を応援する記事が多くなると思います。

少しでも
このブログを読んでくれている
受験生やお父さん、お母さんを元気づけることが
出来ればいいなと思っています。

頑張っていきましょう!
まだまだ
これからです。
(^O^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。