スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなお世話の【勝手にサポートメール】 音読ブーム到来??

こんにちは
3連休中のゆずです。

3連休ということで
今日は少しブログの記事を何個か
アップしようと思います。

このブログではお馴染みの
公立高校合格必勝パック
購入者に不定期に送られくる
大きなお世話の【勝手にサポートメール】

9月12日に配信されたメールを
今回もシェアします。

KAIRIN予備校 石田晴康さまには
ブログへのメール転載の許可はいただいています。

では早速、どうぞ!

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□
大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

現在、KAIRIN予備校では【音読】がブームとなっています。

きっかけは、

去年の12月から、歴史の教科書の音読をはじめた生徒が、

今回の下野模試で驚くべき点数を取ったからです!


当時中2だったその生徒は、

国語の定期テストの点数がいつも30点前後・・・

他の教科もだいたい40点前後で、

12
月の保護者面談のときに、

両親に来ていただいて、音読の話をしました。


毎日30分、歴史の教科書の音読をさせること。

そのときは必ず誰かが横にいて、しっかりと聞いてあげること。

読み間違いや、読めない漢字があったときは必ず直してあげること。

最初の1回目は、読んだ内容についていくつか質問し、

 教科書の中から答えを探させること。

読んだあとはページ数をチェック表に記入すること。

どんなことがあっても毎日続けること。

という話をご両親にしました。


私が、ご両親の前で、生徒本人に音読させ、

ページごとにその内容について、いちいち質問し、

答えさせる様子を見本として見せました。


このプログラムは、生徒本人よりも親がしっかりできなければ、

絶対に不可能だということも話しました。

過去にこのプログラムを3ヶ月以上継続できたご家庭は5%しかいない、

ということも話しました。


お父さんとお母さんが顔を見合わせて

「毎日できるかな・・・・?」

「あなたやってよ・・・・!」

「いや、交代でやろう・・・・。」

など・・・・・不安な会話が繰り広げられていたので、



「もし、親が家でできないのであれば、

 毎日塾に自習に来させてもらえれば、

 個別指導の講師に毎日30分間、音読の手伝いをさせることも可能です。

 ただし、人件費が発生するので、毎月15000円授業料に追加でいただきます。」

ということも話しました。


そしてそのご家庭が悩んだ末に選んだ選択は・・・・・・・・・



「どうせ塾に15000円払うんだったら、

お姉ちゃんに10000円渡してやらせよう!」

という画期的な選択でした。


さすがに10000円のお小遣い追加の効果は絶大でした。

お姉さんは喜んで毎日音読の手伝いをし、

その生徒は、9ヶ月経った今でも音読を続けています。

歴史の教科書は10回以上読み終わりました。


そして、下野模試の国語は65点でした。

彼は定期テストでも、いままで50点以上は取ったことがない生徒です。

そして、社会が・・・・・・・・68点でした。

(歴史はほぼパーフェクト、ただ地理が・・・ほぼ壊滅でした・・(T_T)

彼が中学校に入学してから受けてきたテストの最高点が、

この今回の下野模試の社会なのです。

確かに、彼は夏休み中も、

理科や英語を勉強しているときに、

「せんせー、空いてる教室で教科書読んできていいですか?」

といって、空き教室へ行き、理科の教科書や、英語の教科書を

音読していました。

彼にとって、音読は理解するための重要なツールになっているのです。


そして、それを見ている周りの生徒達も、

「おれも音読しようかな・・・」

という感じで、わからない単元が出てくると、

空き教室に移動し音読をするようになったのです。


宇都宮市は2学期制なので、つい最近期末テストが終わったのですが、

今回の理科は「仕事」「エネルギー」「イオン」など、

難しい範囲が多かったにもかかわらず、

ほとんどの子が(一部を除いて)高得点を取っています。

みんな、理科の教科書のテスト範囲を最低10回以上は音読しています。

KAIRIN
予備校の今回の期末テスト対策は

理科社会に関しては、

教科書の音読×10回  学校のワーク  過去問

これだけです!

もちろん、最初の1回目の音読の時は

意味がわからない言葉や、内容もあるので、

その部分に線を引いて、必ず先生に質問しなさい!

と指示していますが、

そのあと2回目からはひたすら読んでいます。


自習をさせているときでも、必ず何人かの生徒が、

「せんせー、音読してきていいですか!」といって、

交代で空き教室に音読をしに入っていきます。


今回の下野模試での、彼の得点アップは、

さらに音読ブームに火をつけることになりました。


せっかくなので来週の火曜日は、

「日本国憲法前文 音読大会」をひらき、

ここで一気に前文を暗記させてしまおうかと思っています。

定期テストや入試には必ず出るところですからね。


あなたも、学校の授業の予習や、復習、

もちろん受験勉強の一環として、

「音読」の時間を作ってみてはいかがでしょうか?

基本、音読は、

下記の要領で実施すれば効果があることを

私の生徒達が証明しております。

早すぎず、遅すぎず、文章をしっかりと正しく読む。

小声でなく、大声でもなく、

  普段の声より、やや小さめの声で読む。

  (あまり声を大きくするとけっこう疲れます。)

句読点をしっかりと意識して読む。

できれば、

 段落や、単元ごとに、読んだ内容を自分の言葉でまとめてみる。
 (紙に書く必要はありません。)

■5
回以上、できれば10回読む

わからない言葉は必ず辞書で調べるか、人に聞く。
 (意味がわからないまま、読み続けることはしない。)

続けることが大切

今日からでもやってみよう!

KAIRIN
予備校 石田晴康

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

いかがだったでしょうか?

昨年も大きなお世話のメールサポートにて
国語が苦手な生徒の克服法として

歴史の教科者の音読のことについて
触れていました。

効果絶大なこの方法!

きっとやりきれば
すごい効果があるのに
唯一の弱点は
今日のメールにも書いていましたが
過去にこのプログラムを3ヶ月以上継続できたご家庭は5%しかいない
という部分です。

このプログラムを成功させるには
生徒本人よりも親がしっかりできなければ、絶対に不可能と
石田さんが言っているように親が決断をするかどうかという部分に
かかっています。

勉強やったの?
いつ勉強するの?
そんなんじゃ志望校に合格できないよ?

なんて言葉を子供にかけるより

じゃ今日も歴史の教科書の音読しようか?

と言えるかどうかにかかっているみたいです。

あなたは
どうですか?

やってみますか?

音読については
次の記事も関連したことを書いてみたいと思います。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

キャンペーン中

【無料】速読を始めるなら今がチャンス!!今回は限定500名
 セミナーDVD2枚と、1ヶ月分のトレーニング料が無料
 9日間で【1429名】が申し込んだ大人気の無料キャンペーン
http://123direct.info/tracking/af/908147/OsiPK2Ig/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。