スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DUOselect 中学生版

ゆずです。

我が家では
高1の娘と、中2の息子と私で
DUOselectの1日1文暗記に取り組んでいます。

この取組の目的は
スキマ時間で勉強でき、
なおかつ英語の基礎力をつけることが
出来るのではと思ったからです。

きっかけは
このブログでも何度も登場している
河原塾の河原利彦さんが7月より
自分の塾にかよっている生徒に
DUOselectを1日1文完全暗記するように
すすめているからです。

まぁ河原さんが始めたので
それに乗って始めたんですが・・・( ̄▽+ ̄*)

手で例文を書き、何度も音読して
CDを使って聞く。

このようにしてDUOselectを高2生であれば
高3の夏休み前までに完全に覚えきる事が出来れば
英語に関してはかなり有利な状態で受験生として高3の夏休みを
迎えられると言っていました。

高3の夏休みの段階で
まだ単語、熟語が出来ていないようだと完全に英語は
捨て教科になってしまいます。

また英語が得点源になるくらいじゃなければ
難関大の合格は望めません。

行ける大学ではなく行きたい大学に合格しようと思っていたら
単語、熟語、文法それに構文ぐらいは仕上げておかなければ
かなり苦しい戦いになると私も思っています。

東進の渡辺勝彦さんも
「難関大学[志望校]現役合格へのシナリオ」ということで

「英語は高3に持ち越さない。 高2の3月31日までに完成させる。」

と力強く言っています。

英語の完成とは
センターレベルで8割から9割りだそうです。

そう考えると
娘もあと1年半後にセンター9割を目指すのであれば
ゆっくりしている暇はありません。

そう考えると
しっかりとDUOselectをやり切るしかありません。
息子も中学文法はすでに完璧ではないですが
終わっていますし、DUOselectも私が多少教えながらやれば
理解できなくはないと思い始めました。

なので
中2の息子の英語の記事を書いても
現時点で英語が苦手な中学生やその保護者さんが読んでも
あんまり参考にならないところもあるのかなと考えていました。

それでもDUOselectを初めて3週間ぐらい経ちますが
本当にスキマ時間での勉強としてはすごくいい試みだと思いますし、
1年後、やり切れたとしたらどのような変化があるのだろうと楽しみでもあります。

なのでスキマ時間で平均的な中学生の英語力で
取り組めるDUOselectのような本がないか探していましたら
こちらの本を見つけました。


高校入試 短文で覚える英単語1700 (シグマベスト)

260の短い例文で、入試に十分な1700の英単語・熟語を効率よくマスターできる書。
入試必要度に応じて4段階にレベル表示。260の例文を暗記できるCD付き。

DUOselectの正式な中学生版はありません。

でもこちらの本はDUOselectとコンセプトは
全く同じなので中学生でもすき間勉強で使えるんじゃないでしょうか?

中学2年生であれば
私たちと同じ方法 新規で1日1文を暗記していく方法で
9月から始めても中3の5月中には終わります。

5月中までに終われば
あとは付属のCDを毎日聞きながら
声に出して復習さえしていれば高校受験で
英単語、英熟語で困ることはないでしょうし
リスニングも対策なんかしなくてもバッチリじゃないでしょうか?

中2の今から始めればたった1文。
毎日1文を覚えるだけで、中3の夏休み前にはライバルに
かなりの差をつけることが出来ます。

あくまでもスキマ時間での勉強です。

ただ英語が苦手な場合
どうしてそんな意味になるのかわからないと不安が
あるかもしれませんし、学校でも塾でもだんだんと英語がよくわからなくなって
来ているのであれば、
河原塾の中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」
こちらの教材を使ってみてはいかがでしょうか?

なぜオススメするかというと
河原塾自体が英語に関しては
この教材のみを使って勉強しているからです。

この教材にある
B1、B2、B3の構文の完全暗記を河原塾では義務付けられています。

B1、B2、B3のBは
ブロック基本文のBです。

ブロック基本文の中1範囲が B1
ブロック基本文の中2範囲が B2
ブロック基本文の中3範囲が B3

このブロック基本文という例文に
中学で習う文法範囲が全て含まれているので
このブロック基本文をすべて
英語から日本語
日本語から英語にすることが出来なおかつ
どうしてそのように訳すことが出来るのかを
説明することが出来たならば中学英語は完成ということになります。

あとはTEL帳を使うなりして
過去問演習をしたりすればまず公立入試に関して90点を
下回ることはないと思います。

息子もDUOselectなどを使いながら先取り学習をしていますが
高校入試に向けても万全を期すために
中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」
のブロック基本文の復習は毎日やっています。

__.JPG 

息子は
中学文法は大丈夫なので
中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」や映像授業は見ずに
ブロック基本文の日本語を英語で書くことだけ
毎日繰り返してやっていますが、

この教材は英語が苦手でも
ブロック基本文の説明は中学英語速習教科書に
詳しく書いていますし、映像授業も5時間分ついていますので
十分理解できると思います。

今のところ
中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」
で英文法をしっかりとマスターして
スキマ時間で
高校入試 短文で覚える英単語1700 (シグマベスト)
をやって英単語、英熟語を覚えてしまうのが
一番効率的なやり方だと思います。

夏休みがもう終わってしまう中学3年生で
なおかつ英語が苦手な偏差値50以下の状態であっても
入試本番まで半年あれば90点目指せる方法であると思います。

ただし
 高校入試 短文で覚える英単語1700 (シグマベスト)
1日1文でやっていくわけにはいかないので
それ相応の努力と勉強時間がかかることは
覚悟しなければいけません。

中3で9月から始めるのであれば
毎日新規10例文をできればCDを聞き,さらに例文に添えられた絵を見ながら、       
例文を数回音読。その中の1例文だけは、80回音読。
さらに、前日分、4日前分、 9日前分をそれぞれ例文を数回音読。
これで15分程度です。これで、26日間×3回やってください。        

それ相応の努力と勉強時間がかかることは
覚悟しなければいけませんと言っておきながら
15分から30分程度です。

やりきれば3ヶ月後には
高校入試で高得点を狙えるだけの語彙力を手に入れることができます。

ただしやりきれればの話です。

今日は疲れたからとか
なんだか頭がいたいとか
言い訳は一切禁止。

やると決めたからには
やるしかありません。

っていうか15分の勉強すら出来ないのであれば
行きたい高校ではなく一切勉強なんかやめて
その時点で行ける高校に行けばいいだけです。

そして今だけ面白おかしく生活すればいいのです。

やる気はある、もう覚悟も決めた。
絶対やりきって行きたい高校に行くんだと覚悟を決めたのなら
上記に紹介した方法は有効だと私自身は信じています。

もし参考になる部分があれば幸いです。

頑張ってください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。