スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活で終わればいいじ​ゃない?

こんにちは
ゆずです。

ゴールデンウィーク初日
あなたやあなたのお子さんはいかがお過ごしですか?

我が家の息子が通う
中学校は本日、授業参観日でしたので
息子は学校で授業がありました。

と言っても
一時間目に授業があり、それが終われば
掃除をして下校ということなので
午前中には帰って来ました。

そしてお昼ごはんを食べて
部活に行ったところです。

毎度おなじみ河原塾の河原利彦さんから
会員制塾KJ-CLUBの会員宛にメールが届きました。

親向けのメールです。

色々と考えさせられる内容ですので
シェアしたいと思います。
(メールのブログ掲載は河原塾より許可をいただいています。)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
KJ-clubのみなさん、おはようごうざいます。

これは、親へのメールです。
ちょっと長くなりますが、最後まで読んで下さい。


つまらなかったら、途中で解除のリンクがありますので、
そこから遠慮なく退塾して下さい。


いよいよGWですが、親の方も一休みの方もおられるでしょう。

しかし、子供たちをGWモードにしてはいけません。

「GWだから何?」って感じでいいのです。

もう、幼稚園や小学生のGWではないのですからね。笑

あと今日の朝配信メール(VIPのみ)でも、警告しましたが、
子供は、部活を理由にして勉強しない子が多くいます。

原因は、「周り」です。

学校の先生は、もちろん部活を優先させますし、親もよくいいます。

「うちの子、部活で忙しいんです。」

そんなことをいう親には、僕はこういいます。

「ああ、そうなんですね。では、部活で終わるんですね?」

すると

「は?・・・」と、なります。


そう、部活が忙しくて勉強出来ないというのが、しない「理由」になってしまっていて、
それを親も、認めてしまっているのです。

でも、それが、別に悪いことではありません。

「我が子は部活を一生懸命やって中学時期を終わる。」ということも、

認めてあげればいいいのです。また、あなたもそれでいいと思えばいいのです。


なので、間違っても受験が迫った頃になって、今度はなんとか志望校へ・・

などと言わないことです。

だって、部活を一生懸命やった我が子を認めたのですから、
それはそれでいいはずです。


ちなみに、昨年、残念ながら高校受験に失敗してしまった子の親は、

ほとんどが、そういう何かしら勉強をしない理由を、作ってそれを

子供に結果的に、容認していました。


そして、そういうことを思う親は、次にいうことが、


「部活が終わるまではしかたない、、」

「夏休みからは、しっかりやらないと・・・」


次にすることは、そういう「ごまかし期間」を設けて、今の状況を

先伸ばしにして、ごまかしていくのです。


結局どういうことかというと、とてもシンプルです。

「明日はやる。」という人に、「明日なんて絶対に来ない。」

ということなのです。


今のうちから、時間がない自分でも、その中にしっかり時間を作れる、
「スキル」を身に付けないといけません。

部活があるなら、

・少しでも早く起きてやる、
・合間に細切れ学習する、

こういうことを、誰でも思いつくと思いますが、
それだけでは口先だけになってしまいます。


では、具体的にどうしたらいいのかを真剣に考えて下さい。

部活が忙しい。時間が無い。という子でも、TV、PC、メールなどの自由時間は
しっかりあったりします。


どういう「工夫」をして、時間を作り出し、努力をしていくのかを

自分なりに、見つけ出すのです。この答えは、人それぞれです。


それが、受験への「スキル」です。

このスキルを自分なり知った子は、成長も早いです。


ちなみに、こういうスキルを、知らない、また、出来ないままになってしまうと、
志望校合格も、なかなかむずかしくなってくるのです。


「時間がないから・・・」と、いつも言っているだけでは、何も変わらないです。

そういう子は、部活が終わったら、ほとんど「次の理由」が必ず訪れます。


聞いていて、驚くほど見事な理由が訪れます。


ひとつの例をあげましょう。元塾生の話です。


その子は、部活>友達関係>精神的ダメージ>難聴

と最終的には、部活が、病気にまで発展してしまったのです。

この子は、偏差値62の高校を目指していました。
充分な素質も、あり、ちょっと努力すれば届く範囲でもありました。

でも、そのちょっとを、部活を理由にしませんでした。

(この時点で、そういうやり方では、志望校は無理だということは、
 警告しておりました。)

そして、部活が終了すると、どんどんと理由が、変わって言ったのです。

部活終了時点で次の理由が出た時に退塾させることにしました。
あと、偏差値1でしたが、でも、無理なのです。

その後、受験前にどのようになったかは、知りませんが、
僕の言ってることは、的中したようです。

偏差値62どころか、50くらいの滑り止め校に通っているそうです。


ちょっとしたことを、意識するかしないかで、大きく運命が変わる例を
あげましたが、今こそ、そういうことをしっかり認識して毎日を過ごして
いくことなのです。

あなたが、することは、ひとつ!

「部活だから、◯◯だから仕方ない」ということを、

親が、認めてはいけないということ。


「勉強しなさい」というのではなく、

「部活は理由にならないよ、だったら時間を工夫して生活しなさい。」

というように、ちょっと指示してあげるのです。

決して、学習内容や、成績のことなどを言ってはいけません。

それは、あなたの増えた年齢や増加した体重をいちいち言われることと
同じですからね!


部活やその他を理由にしている代わりに、「勉強するスキル」を
しっかりと身に付けさせるのが、今の親の仕事です。


それには、まずは第一歩!

いつも、配信メールでも、言っているように、勉強するしないの前に、

まずは、毎日の生活習慣(早寝早起き、学習の時間帯、食事など)が、

最重要なのです。


具体的なことは、また、いつもの朝のメール配信で伝えていきます。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

いかがでしたでしょうか?

色々と思うところはあるでしょう。

うちの息子も部活(バドミントン)に入ってます。
もちろん部活を通して学ぶことも色いろあると思いますし
決して部活自体を否定もしません。

ただ我が家では子供には部活は自分で好きでやっているということを
自覚させ、決して部活が忙しいから勉強ができないということに関しては
親としては認めないという姿勢を貫こうと思っています。

今回のメールでもあるように
今のうちから、時間がない自分でも、その中にしっかり時間を作れる、
「スキル」を身に付けさせることこそが親の仕事だと感じています。

朝、はやく起きて
勉強する「朝トレ」もとても有効な方法だと思ったので
実践していますし、最近では極力テレビもつけないようにしています。

あなたは
自分自身の子供にどうなってほしいですか?

一度、ゆっくりと考えてみるのもいいかもしれません。

そして導き出した結論に対して
親として何が出来るかを考えて行動しましょう。

私はまず私自身が朝早く起きることからはじめました。
TVを見ることをほぼやめました。

あなたは何を考え、どう行動しますか?

The future starts today,not tomorrow.  Pope John Paul Ⅱ
未来は今日始まる。明日始まるのではない。 ヨハネ・パウロ2世

一緒に頑張りましょう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. 無題

初コメ失礼します。
すごく良い内容でした。シェアして頂きありがとうございます!
我が家は小5ですが、回りも塾と習い事をしています。
今月から、塾を初めて先週から受験コースがスタートしました。
合唱部があったから、宿題まだできてないからと言い訳しますが、私は宿題しなさいとは言わない事にしてます。かなり寝る時間が遅くなったようですけど。
本人のリズムを掴んでほしいです。

2. Re:無題

>MILAI@さん
コメントありがとうございます。
返事遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
1%でも私が書いた記事がお役に立てることが
あったとしたらうれしい限りです。
まだまだ子育ては長い時間をかけてのことなので色いろあると思いますががんばってくださいね。
我が家も試行錯誤しながらがんばります。
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。