スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原塾のメールより 親が子供にどのように接するべきかの考察3

こんにちは

ゆずです。

思春期真っ只中の中学生。
いろいろと難しい時期ですよね。

確かに自分も中学生の時は
親の言うことがイチイチ気に入らなかったような
気もします。

ずいぶん昔のことなので
記憶も曖昧ですけど・・・。

子ども自身が信頼できる塾の先生や
学校の先生に出会えているならばこれまで紹介した
河原塾の塾長:河原利彦さんのメール内容のように
親は勉強のことに口を出さず勉強環境を整えてあげることが
ベストな方法だと私も思います。

ただ、個人塾のような塾長なり講師の先生の人となりや
教育方針が把握できるならばその方法もとれますが
私の娘のように市進学院みたいな大手の塾だとすべて
塾に任せていれば大丈夫とは言い切れないと私個人は思っています。

そのへんのさじ加減は正直言って難しいところです。

河原塾のメールを参考にして
子供のブレーキにはならないような親としての行動を
意識しながらも学力アップのために親として何ができるか
これからも考えてみたいとは思っています。

では今日も河原塾のメールを見て
色々と考えてみてください。

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

塾超です。

いよいよ夏期講習ですね。


前回は、親Aからのメールを紹介しました。
今日は、さきほど、来ました親Bからのメールを紹介します。

この子は、中2の夏に、KJに入ってきた子です。
成績は悪くはないのですが、なかなか伸びて行きません。

どういうところに問題があるのでしょうか?

ーーー
**です。
いつもお世話になっております。
またまた昨夜、**のウソにブチ切れてしまいました。
私が聞いてもいないのに、“実力テストが返って来るの嫌だな~”と言っていまし
た。
実は既に返って来ているのにウソをついていました。
300点に満たない点数でした。
理科のワークのには“まとめて出すのはやめよう。今まで6回提出する機会がありま
した。”とコメントが入っていました。
提出物も出すことが出来ないようです。
相変わらず馬鹿と居るようです。学校以外で遊ぶことはありませんが…
こんな状況で受験に勝てるのでしょうか?
私は**にどう接していいのか分からなくなりました。
ご指導お願いいたします。


ーーーー

朝起きたら、清々しい朝に、このメールでした。笑
これに対しての僕からの返信です。

ーーーー
**さま、

塾超です。
朝から悩ませるメールですね。

お話わかりました。

>実は既に返って来ているのにウソをついていました。
>300点に満たない点数でした。


ウソをつくところが、問題なのは、ずっと前からわかっていました。
それに関しては、じっくり向かい合ってかなりの指導をしております。

自分がウソをついていることすら、何がいけないのかが
わかっていません。とても、根源的なことです。

「ウソをつく」ということは、自己防衛です。
なので、怒られないようにしている、単なる純粋な子供の反応です。

幼少期からこれまで、かなりいろいろなことを、
周りから浴びせられてきたのでしょう。

そういう意味では、**には、罪はありません。
ただ、自己防衛しているだけです。

テストですが、
300点に満たないというのは、悪すぎますね。
実力ですので、今の問題ではなく、1,2年の範囲ですね。

本人からどう理由を言い出すのか、聞いてみます。

相変わらず馬鹿と居るようです。学校以外で遊ぶことはありませんが…
こんな状況で受験に勝てるのでしょうか?

私は**にどう接していいのか分からなくなりました。

そうですね。わかります。

土二の希望でしょうが、この夏でどの程度、変わっていくかによります。
点数からすれば、通常でしたら、夏からあまり問題なく、合格圏にもっていくことは
出来ますが、**の場合は、ちょっと状況が違います。

問題は、学力以外の部分です。

出来る限りのことはしています。
**には、毎回、かなりの量の指導を特別にしております。

しかし、僕の話も、本当にわかっているかどうかは疑問です。
右から左の状態が続いています。

要するに、人の話の内容が、分からないようです。
表面的な事はわかっております。

しかし、根源的なことの、意味がわからないので、本人からすれば、
どうして、僕がそのような事を言っているのか、何を言われているかが、
わからないのですね。

しかし毎回、地道に、わかりやすいようにコーチングしております。
生活を含め、様々な話題から、糸口を見つけている状態です。

この状態を打破するには、時間は、かなりかかります。
勉強以前の問題です。

お母さま、近道はありません。この方法でしか、学習を習得させるための
基本的状態を作る方法はありません。

ちなみに、塾での学習は、きちんと出来ています。
さらに、宿題のプリントを自主的に出して持ち帰り、
きちんと提出しているのには、成長が感じられます。


お母さまが、どんなに期待しても、**を変えることは出来ません。

今の、状況を変えるためには、少なくとも、まずは、お母さまは、**を
見守っていくしかありません。


志望校にいかなくてはダメだ、などというプレッシャーを与えても
何の解決にもなりません。

どのようになっても、しっかり見守ることです。

**は、土二に行きたいと言っております。でも、それは親がいうからです。

本人には、どうして行きたいかの理由はありません。
ですから、頑張れないのです。本人が思わなければ何も始まりません。

お母さまが、ご自分のエゴ(土二くらいは行ってもらわないと困る・・などの)を子
供に突きつけるなどのことを続けると、**もうまくいかないです。

ご注意下さい。


ーーーーーーー


というわけでした。

いかがでしょうか?
この中3男子は、偏差値61の学校を受けようとしています。

今、380/500 で、もう少しです。
しかし、人の話をうまく聞けない子です。

お母さまは、それを心配しつつ、また、期待も大きいのです。
しかし、子供からすれば、親の期待などわかりませんし、
そんなことで、頑張ろうなんて、本気で思うことはありません。

親が、あまりに期待するので、だんだんウソも激しくなってきます。
ちょっと間違えると、親が一番のブレーキになってしまうのです。

親のスタンスというものは、とても、難しいのです。
そして、一番大切なのです。

忘れがちなことですね。あなたは大丈夫ですか?


■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

今日も何か一つでも気づきがあると
いいですね。

私は「賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず」を

常に意識していこうと思っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。