スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原塾・合格法伝授のつづき

ひとつ前の記事で

河原塾 塾長 河原利彦さんの

合格法伝授のメールを載せました。

その続きです。

どうぞ

(河原利彦さんよりメールのブログへの記載に関して許可を頂いております。)
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

前回のつづきです。
ーーーー


解決策は、簡単だ。

あなたも”駅員さん”になればいいだけだ。

問題を読む時に、右、左と手をあげて指すのだ。

 


そうじゃない!!!笑

 


駅員さんがやった手を、受験では「鉛筆での作業」にするだけだ。


そう、問題を読みながら、鉛筆で線を引きながら、条件をまるで囲み、

「〇〇しなさい」というところを□で濃く囲む。


それだけだ。


それをやると、目で見えなかった(無意識に読み飛ばしている)部分が、

すごくよく見えてくる。

これを、しっかり実行すれば、間違えなく2,30点のミスのうち、

10点~20点を、取り戻すことが出来る。


どう?ミスが20点なくなったらどのくらい凄いか想像してみな。

ギリギリでどうかな?


と、心配している心に少しゆとりが出来るじゃないか?


実際のところ、受験は、実力不足で落ちるということは、ほとんどないのだ。

ただ、本番のミスに泣いた子が、落ちるだけだ。

覚えておこう。


「学力ではなく、ミスだけなのだ。」


これは、塾長を25年やってきた結論なのです。

これから本番は、ミスを防ぐ練習だけしてもいいくらいだ。

言い切ってもいいくらいなのだ。


◎今日から、すぐに実行!!


1・問題を読む時に、線を薄く引きながら読む。
  小さな声を出してもいいくらい。

2・大切な条件などのところに、◯をつける。

3・解答するもの(求める物や事)を、しっかり□で囲む。


この3つの「完璧な癖」をつけよう。

どんな問題でも、これをしっかり繰り返す。

きちんとやれ!

何のためにこれまで勉強してきたのか、その勉強を生かすも殺すも、

最後の実行が出来るかどうかにかかっているのだ。

きちんと実行した人は受かる。

でも、面倒がってやらない奴は落ちる。


もし、あなたが、本番でこれをしっかり実行しなければ、

勉強したことをミスでつぶすだけだ。

もう既に、実行している人もいるとは思うが、

もういちどしっかり頭に叩き込んでおこう。


また、メールします。


キーワード
「線・◯・□=完璧な癖」


ーーーーーーーーーー

以上ですが、お子さまが、受験前の場合は、お子さまに

3回読ませて下さい。

これだけでも、10点以上はあがるのではないかと思います。


では、また。

河原塾塾長の河原利彦でした。

ーーーーーーーー
◎追伸
僕の著書「子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点」が、
Amazonの家庭教育部門で、2位をとることができました。
買って頂いたみなさま、本当にありがとうございます。

子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点 ―偏差値60以上の高校合格率100%!片田舎の天.../河原 利彦

¥1,365
Amazon.co.jp

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

高校受験は合格、不合格しかありません。
トップ合格だろうがギリギリだろうが合格は合格。
たった一点差でも不合格は不合格。
その最後の最後で勝敗を分けるのは
「学力ではなく、ミスだけなのだ。」
塾長を25年やってきた結論なのです。
と塾長はおしゃっています。
受験前のお子さんがいたらこの塾長メールを
読ませてみてくださいね。
うちも早速、後期期末テストが近いのでしっかりと
読んで実践させたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。