スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代ゼミサテライン予備校へ

こんにちは
ゆずです。

今日は朝からすごい雨でした。

今日は15時から代ゼミサテライン予備校に説明を受けに
行く予定だったので15時までには雨が弱まってくれればなぁ
と思っていたところ普段の行いが良いかどうかはわかりませんが
雨がほとんど止んでいたのであまり濡れずに済みました。

さて、東進の夏期特別招待講習を請求したのがきっかけで
同じ映像授業の代ゼミサテラインも比較検討の候補となり
本日行ってまいりました。

moblog_89af854d.jpg

その昔、大手3大予備校(代ゼミ、河合、駿台)と言われた中で
代ゼミの凋落ぶりが目立っています。

少子高齢化の中、映像授業の東進が躍進しています。

さらに私も利用していますが
受験サプリなど新しい形で既存の予備校業界に参入してくるところもあります。

いろいろな選択肢がある中で
息子にとって来るべき大学受験において
何をどのように使っていくことがベストなのかということを
試行錯誤出来る時期はこの時期なのではないかということで色々と行動しています。

校舎縮小など代ゼミに関してはあまり景気のいい話は聞きませんが
「講師の代ゼミ」と昔から言われているようにまだまだ魅力的な予備校講師が
代ゼミにはたくさんいらしゃいます。

当然、生の授業は校舎が縮小されているので
実際に受けれる高校生には限りがあります。

そこでその授業を録画したものをPCを使って受講できるのが
代ゼミサテライン予備校になります。

やはり、代ゼミの授業を体験させた上で
息子が今後どの方法を使って勉強していくかを判断させたかったので
今回、説明を受けた上で無料特別講座を受けさせてみようと思いました。

15時に校舎に行き、そこの校舎の校長から
説明を受けていつから体験授業を受けてみますかと聞かれたので
せっかくだからということで今日、1つ受けてみたいと申し出て

数ある講座の中から
「高1ハイレベル英語 富田一彦」
こちらの講座を体験してみました。

高1の学期講座の英語の中では
一番上のレベル設定になっていて
果たして息子がその講義を聞いて理解できるかどうか
またはどのように感じるかを知りたくて選んでみました。

体験出来る授業はこの学期講座の前段階の
2015年度速習春期講習会講座 90分×4回になります。

講座の一年の流れは
春期講習(90分×4)→学期講座:前期(90分×12)
→夏期講習:文法(90分×5)・夏期講習:(90分×5)
→学期講座:後期(90分×12)このようになっているようです。

代ゼミ 2015年学期講座紹介 英語 富田一彦講師


90分 受講した息子の感想は話している内容は
ある程度理解できるということなのでまずはこの講座残り3回は
やってみることになりました。

やっていく中でやはりついていけないと感じたらレベルを一つ下げて
「高1標準英語 西川彰一」に変えることも可能との事です。

5講までは完全無料なのでじっくりと吟味してくださいとのことでした。

長くなったので一旦ここまでにします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。