スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みすず学苑 入試進路講習会に行って来ました。

こんにちは
ゆずです。

6月7日 新宿で行われた
みすず学苑の入試進路講習会
「夏に向けての天王山 受験に勝利する90分講義!!」

moblog_90ec19df.jpg

に娘と行って来ました。

第1部:入試情報
「聞いて得する入試のあれこれ」

第2部:学苑長講義
「夏に向けて高い天王山、受験に勝利する、高3、浪人生向け90分講義!!」

2部構成の講習会でした。

第1部の入試情報からいくつかメモしたことを
書いていこうと思います。

大学入試の基本的な仕組みのお話がありました。

国公立大入試の仕組み・私立大入試の仕組み

特に私立大学は一般入試でも
独自方式、センター利用方式、センター・独自併用方式
などがあり、さらに独自方式の入試においても
全学部日程入試と学部個別入試がありそれぞれの併願も可能
であることなどのお話がありました。

全学部日程入試は大学によって名称はいろいろあるそうです。
個別学部日程は従来からある試験制度ですね。

要は昔だったら1回しかチャンスがなかったのが
同じ大学の同じ学部を何回か受けることが出来るように
なっているということですね。

ただしそれぞれの入試で配点や受験科目の内容が
違う場合があるので確認が必要とのことでした。

出願方法も従来は郵送だったもが
インターネットを使ったWEB出願のみという大学も
増えてきているので出願方法もしっかりと確認するようにとのお話がありました。

さらに新しい入学試験の方法として
TEAPを出願資格として利用する入学試験があるそうです。

法政大学では外部英語試験(走り書きのメモなので正式な名前か不明)
いくつかの学部でスタート?

立教大学ではグローバル方式(仮称)
(正式な大学からの発表は7月頃)
など新しい形の入試制度も増えているそうなので
まずはこの6月から7月にかけてやっておくべきことは
志望大学の大学案内を取り寄せて入試方法や出願方法
日程などをピックアップする作業をしてほしいとのことでした。

ほとんどの大学で今年度の入試案内はできているそうなので
早めに案内を取り寄せてくださいとのことでした。

大学案内の入試情報にはその大学の色々な入試データーも
載っているそうですがしっかりと意識すべきところは
倍率(ついつい目が行ってしまう)よりも合格最低点。

一つの例としてこの時 早稲田大学 商学部 
200点満点 合格最低点125.7点 (62.85%)
という数字を示して過去問(赤本など)をやりながら
大体何割ぐらい取れるのか意識して勉強するようにとのことでした。

まだまだ
お話は続くのですが長くなるので
何回かに分けて書いていきます。

読みづらくなってしまいますので・・・・。











スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。