スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試の現代文、どうすればよいのか

ゆずです。

youtubeの
代ゼミサテラインチャンネルで
いろいろな動画がアップされています。

その中から
現代文 笹井厚志講師の
代ゼミ<ミニ体験講座>高1生対象「大学入試の現代文、どうすればよいのか」
をご紹介します。



娘は比較的、国語が得意で
高校受験に関しても国語については最後まで
苦労せずに終わってしまいました。

なので私自身が国語についてどのように
学習させていくべきかよくわからないまま息子の高校受験を迎え
結果として数学の次に苦手科目となってしまい最後まで克服出来たとは
言いがたい状態でした。

ですので国語についても実は
高校入学前に何をすべきか考えていました。

この動画を見て
大学入試に現代文がなぜ課されているのか?
それは大学で学問をする上で文献を読みこなさなければ
大学での授業が成り立たない。
その文献を読みこなす読解力が大学が求める基準に
達しているかどうかを見るために大学入試に現代文が
課されているということがよくわかりました。

ただ単に現代文の点数が取れるようにとかいうのではなく
娘や息子が大学に入学して学問を学ぶ上で必要不可欠な
読解力を身につけるんだという視点で高校時代の
現代文の授業を受けるようにマインドセットをしてあげる事が
重要だと感じました。

今回の動画でもありましたが
読解力をつける上でまずは知識として身につけなければいけないもの
が提示されていましたね。
読解力= 知識(*単語 *基本的な知識) + 読解の訓練

この中で
知識(*単語 *基本的な知識)の部分は意識的に
やっていかなければいけないと感じました。

先日、本屋に立ち寄った時に
高校に入る前にちょこっと息子に読ませようと思って
買ってきた本があります。

FullSizeRender.jpg

現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)

この本の中でも
語彙力をつけてほしいということが書かれていました。
この本の語彙力というのは上記の動画では知識(*単語 *基本的な知識)
という部分になると思います。

じゃ、語彙力=知識を身につけるためには具体的に
何をすればよいかというと

漢字の練習

ということになるようです。

最も大事なことは
読み書きを覚えるだけの学習ではなく

漢字の「意味」を理解し「言葉」として学ぶことです。

と書かれていました。

動画で説明されていた
「相対化」のお話と同じですね。

確かに高校受験までの息子の漢字の学習は
読み書きが中心で意味についてそこまでシビアに
勉強してきていませんでした、と言うよりまるっきり意味について
勉強してこなかったというのが正直なところです。

そう考えると読解力に必要な知識が決定的に
欠如していたということがわかります。

ただ公立の高校受験レベルの評論文は平易な内容なので
それでもなんとなく試験においては点数はとれていただけなのかも
しれません。

ただ、現代文を学ぶ意味、大学に入ってから文献を読みこなす
読解力をつけるという観点から考えればこのまま放置することは
とても危険だと思い、ひとまず高校入学するまでにやることの一つとして
今日から漢字練習をはじめました。

使う教材は

FullSizeRender.jpg


大学入試受かる漢字・用語パピルス1467 (大学受験Vブックス新書)

こちらの本にしてみました。

漢字の参考書を選ぶときは
「例文」と「意味」が載っているものを購入すべしとのことです。

現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)
は漫画ですので気楽に読むのにも適していると思います。

この漫画を読んで、笹井さんの今回の動画を見て
せめて漢字ぐらいは高校入学前にやっておくかなと思えれば
いいのではないでしょうか?

国語が苦手な息子はそんな悠長には構えずに
しっかりとやらせて行くつもりです。

(・∀・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. 我が家も国語は頭が痛い科目です。

Z会映像に、やはり、語彙力でした。
おとなの小説、文学史を読むことも、言われてました。
避けては通れません。
学年末テストが済んだら、息子と学習計画立ててながら、急ぎます。
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。