スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンティニュー

ゆずです。

今仕事から帰ってきました。

たくさんのコメントや
メッセージを頂きました。

後ほど個別にお返事していくつもりですが
ひとまずはこの場をお借りしてお礼申し上げます。

今回の息子の不合格は
残念だという思いはありますが、特に心が乱れるということは
ありませんでした。

娘の時は私自身も初めて高校受験を迎える親としての立場でしたので
すごく心乱れて苦しい思いもしました。

きっと
同じような思いをしている親御様もいると思います。

それはしょうがないことです。
素直な気持ちだと思います。

ただ自分の心の乱れを苦しさを
決して子供に向けてはいけないと思います。

一番辛くて、悔しくて、苦しい思いをしているのは
きっと子供自身のはずです。

親としては
普段の生活や自分が見える範囲での子供の
生活態度からついつい歯がゆく思ってしまうことも
あったと思います。

ついつい
不合格の原因をそういう部分に当ててしまい
言葉に出して言いたくなってしまう気持ちもわかりますが
絶対、絶対グッとこらえて心の底に閉まってください。

落ち込んでるときに
叱咤激励のつもりで言ったとしても
そのような言葉でよしやるぞとは決して思いません。

自分が何か失敗してしまったときに
パートナーから
「だから前からもっとちゃんとやっておけばよかったのに」とか
「全く、甘く見てるからそうなるんだよ」とか
その手の言葉を浴びせられてやる気なんか起きると思いますか?

こういうのを
勇気くじきと言うんだそうです。

ついつい親というのはこの
「勇気くじき」になる言葉をかけてしまいがちになるそうです。

それはなぜかというと親本人は叱咤激励のつもで言っている
からなんだそうです。

あなたは
そんな「勇気くじき」に当たる言葉を投げかけていませんか?

偉そうに書いている私は
娘の時にはついついそういう言葉を無意識のうちに
使っていたと思います。

まだまだ、そういう面では親として私自身未熟ですが
いろいろ親として勉強していく中で自分が直さなければいけないところは
直していくようにもしてきました。

少しばかり娘の時の経験から
言えることは不合格という現実を前に親がしてあげれれることは
内心はともあれ子供たちの前ではどっしりと構え

「今まで頑張ってきたことに間違いなんてない。
残りの日々を精一杯、今までと同じように続けて
頑張ってみよう。お前が今日まで頑張ってきたことは
誰よりも知っている。だから自分を信じてがんばれ。」

と言ってあげてください。

本当の勇気を与えてあげることが出来るのは
オギャーと生まれてきたその日から今日まで
一番身近にいる私たちなのですから・・・。

勇気をくじく言葉ではなく
勇気を与える言葉で応援していきましょう!

愚痴などは
メッセージにていくらでもお聞きしますから
ぜひ子供たちには勇気を与えてあげてくださいね!

(^-^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. 無題

千葉東に前期で不合格になり
不安やプレッシャーに押し潰されそうになりながらも、志望校を貫き通し、
後期試験で合格した3年前の日々を思い出しました

後期も厳しいのではと揺れ動く気持ちもありましたが
やらないで後悔するよりも
やるだけやって後悔しない方がいいと
辛くても苦しくても、最後の最後まであきらめずに挑戦しました

結果よりもその経験は大きな大きな力になっていると確信しています

第1志望を変えずに挑戦する息子さんは
それだけでも、立派に成長しています
息子さんを信じて、大丈夫!いける!と
応援してあげて下さい

高3の娘は今、大学受験というさらなる
関門に挑んでます

お互い、「サクラサク」と信じて
あとひとがんばりですね

2. 応援してます。

ご無沙汰いたしております。まきりこです。毎日毎日拝読させていただいておりました。コメントをしたかったのですが、ID入力ミスやらamebaに問い合わせてもメールが来なかったりで新しく登録し直したので名前が変わりました。
息子さんの頑張りと息子さんをサポートするゆず様を毎日見てきました。
私は、ゆずさんの影響大大の生活を送っています。トリロジーを購入したし朝型に切り替えたし(とは言いつつ今日は未だ起きてます)、朝日中学生ウィークリーをとり始めたし…
だから、一年先を行く息子さんの受験をちゃんと見届けさせていただきます。
ゆず様のメンタルケア頭が下がります。
勇気をくじく言葉、私はまさに今日、あびせてしまいました。マイナスにはなってもプラスにはならない、分かっていても言ってしまいました。
この一年理科の個別塾指導を受けてきたにもかかわらず、やってしまったんです、大切なテストで79点。反省しています。一年後の受験が不安で不安で言ってしまいました。志望校変えなさいと。
改めてゆず様を見習います。
私立高校特待生合格おめでとうございます。
後期試験まで踏ん張ってください。ホワイトボードに後何日…と書き続けた本番が目の前です。
どうか、やりとげた後清々しい笑顔の息子さんに出会えますように。待っています。

3. 初めてのコメントです

数年前からブログ拝見していました。
なかなか、良い時ばかりではなく、悪い時もあったりしますが、包み隠さずにブログにアップされ何度、ゆずさまに勇気を頂いたか分かりません。
いつもありがとうございます。
家の子供は二人ともに後期合格でした。
前期でダメだった時はやはり、親も精神的に辛かったです。それ以上に子供は辛かったのだと思いますが、とにかく最後まで諦めずぶれず勉強をやり続けていました。その結果、目標の学校に合格する事が出来ました。その期間の勉強し続けている姿はたくましく、子供が自力で自分の道を切り開こうとしている初めての姿でした。そこから逃げない立ち向かう事が大事ですね。
結果はどうあれ、この経験は後の大学受験でも就職活動でも生きてきます。
そして頑張れば絶対に結果はついてくると信じています!
応援しています。

4. Re:無題

>ローズさん
コメントありがとうございます。
息子自身もやらないで後悔するよりは
やるだけやって見るほうを選びました。
姉の存在もやはり息子の中では
大きいのかもしれません。
娘さんの
大学受験の合格を祈念しています。

5. Re:応援してます。

>1024110510241105さん
コメントありがとうございます。
とにかく後期もチャレンジすることになりました。
頑張ります。
勇気くじきの言葉は今後も気をつけて
くださいね。叱咤激励という隠れ蓑に
潜んでいるのが厄介です。
私も娘の時が特にそうでしたが
叱咤激励のつもりで言っている言葉のほとんどが
娘の勇気をくじいていたんだと今思うと
わかります。
大切なテストなんて本番のテスト以外ありません。
本番のテスト以外はみんな
練習試合です。悪い点を取ってきたときこそ
弱点克服のチャンスだと思ってくださいね。
しっかりと出来なかった問題の分析をすることで
今まで見逃していた弱点がわかりそこをしっかり
学習することで一気に学力が上がると思います。がんばってくださいね。
我が家も最後まで頑張りますね!

6. Re:初めてのコメントです

>ベーグルさん
コメントありがとうございます。
前期不合格から後期試験に向けての
この期間の経験は将来必ず役に立つチャンスと
捉えています。
ただし、この期間を本当に頑張るという
前提があってこそだと思っています。
なのでせっかくのチャンスをムダにしないように
3月2日の後期当日までしっかりとやっていこうと思っています。
応援ありがとうございます。

7. 応援してます。

>ゆずさんありがとうございます。
涙しながら読ませていただきました。
息子さんとゆず様のこれまでの積み重ねが納得いく結果で終えられますように、心よりお祈り申し上げます。
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。