スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市原中央高校学校説明会から帰ってきました。

ゆずです。

私立 市原中央高等学校の
学校説明会から帰ってきました。

FullSizeRender.jpg 


スクールバスで約30分。
学校の周りは田んぼだらけの環境の中に
学校があります。

そういう環境ですから県内を
スクールバスが12路線も走っています。
スクールバス利用率97%

バスに乗ってしまえば
学校まで座っていけるし、
疲れていれば寝れるし、
その気になれば勉強もできるし、
考えようによってはいいのかもしれないと思いました。

2年前も娘の時に学校説明会に行きましたが
学校の雰囲気は変わっていませんでした。

落ち着いた感じの学校だと思います。

娘が受験の時に新設された
ハイレベルチャレンジコースⅠ類
このコースは国公立大学受験を目標に定めているので
5教科7科目をカバーした選択教科の少ないカリキュラムになっています。

また、カリキュラム外の課外補修・受験対策指導ということで
ちょっとユニークなのが放課後にクラス全員で
Z会の通信添削講座をやるというところです。

進研ゼミやZ会などの通信教育教材の難点は
段々と添削問題をためてしまって課題を提出しなくなって
しまうところです。

その欠点を上手くカバーしてしっかりと
取り組ませようとしているのがこの課外授業になります。

Z会からの問題は学校に届き、
平日の放課後クラスメイトとともに添削をとき、自力で解けない問題は
一緒に考えたり、先生に聞いたりしながら答案を必ず作成・提出することで
答案の空欄・未提出を防ぎ全教科提出率100%の学習を実践しているそうです。

この説明をしてくれたのが
2年生のハイレベルチャレンジコースⅠ類の担任の先生なのですが
現時点で本当に全教科(英・数・国)提出率100%だそうです。

高1から高2の11月まで
Z会(ライト教材)をしっかりと100%取り組めている
ハイレベルチャレンジコースⅠ類の高校生。

果たして市原中央のハイレベルチャレンジコースⅠ類をけって
千葉東に進んだ娘が同じくらいの勉強をしていたかというと
正直、やっていないと思います。

今日の説明会で
ハイレベルチャレンジコースⅠ類の高校2年生の
進研模試の偏差値の分布表みたいのを見せてもらいましたが
偏差値55~65位にほとんど収まっていて多くの子は60~65あたりにいました。

2人ほど突出している子もいましたね。

千葉東高校も進研模試を学年で受けているので
千葉東高校の学校のレベルはわかります。

その比較でいれば
市原中央のハイレベルチャレンジコースⅠ類は
千葉東高校の平均より上にいる層ではないかと思いました。

正直、こんなに学力が高いとは思っていませんでした。

市原中央高校は
ハイレベルチャレンジコースⅠ類で受験して
当日の試験において点数が足りずに不合格であっても
ハイレベルチャレンジコースⅡ類へのスライド合格があります。

入学願書提出時に中学校長の推薦が必要で
この推薦がもらえたうえで受験をすれば
試験当日余程のことがない限り
ハイレベルチャレンジコースⅡ類の合格は決まります。

ということで
今日の説明会で私が思っていた以上に
ハイレベルチャレンジコースⅠ類が学力が高く
カリキュラムにも独自性がありいいなと思ったことと
最悪、ハイレベルチャレンジコースⅡ類での合格が担保されるので
息子の私立高校の受験は「市原中央高等学校」にほぼ決定しました。

私立高校を複数受けない分
多少、私立の過去問等の対策に時間をかけなくて済む分
あとはひたすら公立高校受験に向けての勉強に標準を合わせて
やっていきたいと思います。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。