スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気スイッチなんてものは・・・。

おはようございます。
ゆずです。

娘が部活の練習試合があるということで
駅まで送って、いまさっき帰ってきましたが
お盆休み明けで今日から仕事が始まる
方が多いいのか駅に向かう人が結構いましたね。

学生の頃のような
夏休みが羨ましく思えます。

さて、そんな羨ましい夏休みも
もう後半。

思うように学習が進んでいますか?

モチベーションはどうですか?

やる気スイッチなんてものは・・・・
そもそもありませんからね。

そうはいっても
受験生はやる気がでないでは済まされません。

そんな中
ちょっとお世話になっている方から
このようなお話があったのでご紹介しますね。
○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

3年生になると、受験のためにやる気がでない時でも
勉強をしなければならなくなります。

『それは分かっていても、やる気がでないからできない
んだよなぁ・・・』と悩むところです。


今日はやる気の出し方についてちょっとアドバイスを
しましょう。


やる気って精神的なものだと思うかもしれませんが、
実は脳の側坐核という部位で作られるものなのです。

だから、やる気の出ない時は、この側坐核を刺激して
やればいいのです。
そうすると、集中力が出てきて、やる気がわいて
きます。


では
問題は脳の側坐核をどうやって刺激するかです。


その方法は1つで、『やり始める。』ということです。

物事をやり始めると、側坐核に少しずつ刺激が伝わり
ます。15分~20分ほどやっていると、だんだんやる気
が出てきます。


『えー?!』

と思うかもしれませんが、
部屋の片付けで経験があるかもしれません。

ちょっと机の上を片付けようと思って始めた掃除が
いつの間にか、部屋全体を片付けてしまったという
経験です。


だから、やる気が出ない時は、まず机に前に座る
ところから始めましょう。で、得意な科目からとり
あえず始めるんです。

そうするとだんだんやる気が出てきます。


受験勉強は気合だけで乗り切れるものではありません。
体の仕組みをきちんと知って、それも見方につけて
いきましょう。

○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

いかがでしたか?

やる気スイッチなんて目に見えるものはないけど

実は脳の側坐核を刺激することで
やる気って出てくるんですね。

その刺激こそが
やる気スイッチということなんでしょう。

とにかく勉強机に座る。
得意な教科から勉強し始める。

精神論ではなくて
しっかりと体の仕組みを理解して
取り組むことでライバルに差をつけることが
出来るかもしれません。

やる気スイッチは

実はある!

少しでも参考になれば幸いです。

さぁ
今日もまずは机に座って
超得意科目からサササッっと始めてみましょう。

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. あのCM

背中にやる気スイッチがついているときは、よく出来ているなと思ったんです。
本人の手の届かないところにあるという意味だとばかり。
今はそのCM、やる気スイッチが、ほっぺたについているんですよね。ちょっとがっかりしています。

2. お邪魔させてもらいました☆

ブログって書くの難しいので色々な方の文章を読んで勉強しています✩僕はビジネスマインドや知識、いろいろな方に役立てるブログを目指して書いています♪更新楽しみにしていますね✩これを機に繋がりをもてたら嬉しいです✩✩
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。