スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣言したとおり・・・。

ゆずです。

結局、嫁さんは9時起床。
娘は10:30起床でした。

特に娘。

どんだけ寝る気だ~!

まぁ
それでも朝昼兼用のご飯を食べて
自分で宣言したとおり、みすずの自習室に行ったので
良しとしましょう。

20:00頃までやってくるそうです。

自習室ヘ行けば
勉強せざるをえないので、少なくとも家でやるよりかは
集中してできるんではないかと思います。

そういえば以前
メール相談とメールマガジンの有料サービスに
申し込んだ話をしましたが6月16日からスタートして
数学について:3通
英語について:4通
国語について:1通
その他:1通

合計:9通のメールマガジンを受け取りました。
プリントアウトして、娘自身に読ませて参考に出来る部分は
積極的に試して、そこで疑問点があったらすみやかに
相談するように促しています。

このサービスも受け身ではなく
能動的に利用すれば娘にとっても余計な部分で
悩まなくて済みそうかなと思って申込を決意した部分もあるので
ぜひうまく使ってもらいたいなと思っています。

数学のメールマガジンでは
大学受験で取り組むべき教材として

「黄チャート」が提示されました。

__.JPG

新課程チャート式解法と演習数学1+A

新課程チャート式解法と演習数学2+B

とりあえず指示された黄チャートを購入して
娘に手渡しました。

あとはそのメルマガを読んで自分で納得ができたら
やるでしょうし、もしかしたらやらなくなるかもしれません。

このメルマガでは
東大や医学部志望の場合や
文系でセンターしか数学は使わない場合の指示もありますし
黄チャートだけをただやれと言ってはいません。

ただ、
なぜ「黄チャート」なのか
どう使うのがベストなのか
高1では、高2では、高3ではどのよううに
取り組んでいくべきなのかかなり詳しく書かれています。

その上で個人の事情でメルマガに書かれている方法が
とりづらい場合や学校の課題で一杯一杯の場合については
個別で相談して現状にあった方法を一緒に考えてくれるそうです。

去年このサービスを使って
この黄チャートを指示された方法で勉強して
進研模試の数学の偏差値が7月は50台だったのが
1月には偏差値75付近まで上昇した生徒さんがいたようです。

同じ年のその子に
負けないように上手く自分の勉強に取り入れて
やってほしいと思っています。

ちなみに今日、みすずの自習室へは
黄チャートとその勉強方法が書かれたメールのプリントアウト
した物を持って行きました。

河合塾のイベントで言っていたことですが
センターはしっかり対策をしていけば点数は取れる試験であり
英語・数学・国語の3教科に関しては高2の1月には
センターで8割を取れるぐらいの実力を目標に勉強をしていきましょう
と言っていましたね。

取れる取れないは別にして
そのぐらい高い目標を設定して、高2の夏休み前までには
それぞれの教科の学習計画を立ててみてもいいのかなと
思っています。

大学受験にフライングはない!

どんなに早くスタートしても決して違反ではないので
足が速く(今現在の学力が低い)ないならば、一刻も早く
スタートしてできるだけリードしておくべきでしょう。

7月のはじめに高2になって初めて行われる
進研模試があります。

高1の最後にうけた1月の進研模試において
校内順位でちょうど真ん中ぐらいの娘の力では
千葉大学を目指すには足が遅いと言わざるを得ません。

そのためにはスタートを早くきるしか方法はないと思っていました。

それでも、この時期に自分から自習室で勉強すると
言ってきたので上手くその気にさせればいいスタートを切れるかも
しれないです。

今のモチベーションを上手く維持できるように
サポートはしていきたいと思っています。

ではでは~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

1. 青で十分かと

おはようございます。
いつも拝見してますとといいたいところですが、最近は自分のブログの更新もままならない状態で。久しぶりに読ませていただ来ました。

この記事にあった内容ですが、
既習であればともかく問題の質をみても
青で充分かと、いや網羅性や学習効果をみれば、チャートなら取り急ぎ青かなと思います。
当塾でも個別指導の中1・中2の生徒さんが
青を家庭学習教材にしています。

ちなみに暗記数学を提唱する和田秀樹氏も
青チャートを駆使した暗記数学を実践させているようです。
 暗記>数学ではありませんが、
 受験数学≒暗記である面は強いのかと効率よく点数をとるという部分を捉えればくやしいですが一面の真理であると思います。
 ともあれ、単純な反復で終わらせず、数式が座標平面を経て別の方向に広がっていく、そういう繋がりを意識して勉強するのがよいのかと
思います。

 暑い夏がやってきます。学力をつけるのも
夏ですが、疲労がたまりやすいのも夏です。
うまくコントロールなさって、息子さんは高校
合格への実力増進、娘さんは大学受験へのベース作り 予定通り進むと良いですね。
 また お邪魔します。

2. Re:青で十分かと

>志塾さん
コメントありがとうございます。
貴重なアドバイスありがとうございます。
参考にさせていただきます。
ますますのご活躍を祈念しております。
ブログの更新も楽しみにしています。
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。