スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月も今日で終わり!ガンバレ受験生!

こんばんは
ゆずです。

今日で1月も終わりですね。
千葉県では公立高校の前期選抜試験が
迫ってきています。

去年の今頃は
長女の高校受験に右往左往していました。
本当につい最近の出来事のように思われます。
時が経つのは早いですね。

私立の結果などもすでにでていて
受験生本人も親御さまも各ご家庭で
色々な状況にいると思いますが最後まで
健康に留意して頑張ってほしいと思います。

昨日買い物した時に
こんなものが売っていました。



なんとなく今、頑張っている受験生を応援してみたくて
買ってしまいました。

全然勉強もしてなくて
いける高校に行く子は関係ないですが

一生懸命、目標に向かって
努力してきた子供をずっと見てきたお父様や
お母様の気持ち昨年の経験上、十分にわかっているつもりです。

合格か不合格。

結果はこのどちらかでしかないですけど
合格しても不合格だったとしても
目標に向かって努力してきたのであれば
もうすでにただの通過点でしかない高校受験においては
成功しているというようなお話を私が何度かこのブログで
紹介している河原塾の河原利彦さんが音声で
おっしゃっています。

公立高校受験を直前に控えた
親御さまには聞いておいても損はないと思います。

シェアしますので
興味がある方は聞いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=3qqHK-LhHm0


スポンサーサイト

塾に通います。

こんばんは
ゆずです。

高校受験生の皆さん。
風邪などひいてないでしょうか?

千葉県では前期選抜まで
2週間になりました。

本当に持っている力を
受験本番に出せるように祈っています。

ガンバレ!

さて話は変わって
千葉東高校に通う娘についてです。

今度、英語のみなんですが塾に通うことになりました。

通うことにした塾は




みすず学苑

みすず学苑といえばこの変なCMで有名でしょうか?

どうしてみすず学苑にしたのかは
色々と理由があるのですがここでその理由を
書いてもあまり意味が無いかなと思うので割愛します。

ただ色々と選択肢があった中で
最終的に娘の性格とこれまでの勉強スタイルから考えて
親子で話をしていく中で娘自身がここを選びました。

今週中にクラス分けのテストを受けるようです。

私の住んでいる千葉市は
高校の学区で言えば第1学区になります。

第1学区には
学力順で言うと(市進の高校受験ガイドに載っている県標準偏差値)
県立千葉高校 (県標準偏差値:74) ⇐ 千葉県内公立トップ校
県立千葉東高校 (県標準偏差値:70)
市立千葉高校(普通科) (県標準偏差値:68)

このようになっています。

高校受験に関しては
まぁこの偏差値はひとつの目安にはなると思います。

だた実際に高校に入学して
いざ、大学受験を考えると大学受験は
全国区の争いになるわけですからどのように
子供の実力をとらえていいかわからなくなりました。

千葉東高校では
進研模試という全国模試を学校のカリキュラムとして
全員受けています。

高校の定期考査では
クラス順位は出るのですが、学年順位はでないので
進研模試が唯一、学年の順位がわかるテストになります。

まぁ進研模試の結果で
娘の千葉東高校での順位は分かりました。

そうすると
大学受験を考える上で
今度は通っている高校のレベルが気になるようになりました。

なのでこのブログを通じて
進研模試を学校全体で受けられた方がいれば
情報交換していただけませんかと呼びかけたところ

千葉県内公立トップ校の
県立千葉高校のデーターを提供していただけました。
このデータは千葉東に通う娘にはとても参考になる
データーでした。

高1の段階ですが県千葉と千葉東ではかなり差があることが分かりました。

娘の友だちに
市立千葉高校に通っている子がいるので
市立千葉のデータも手に入れることができたので
第一学区の上位
3校と言われる
県立千葉高校 
県立千葉東高校 
市立千葉高校(普通科) 
のデータを見ることができました。

英語・数学国語の3教科の中で
最も得点の乖離があったのが英語でした。

高1のこの段階でかなりの
点数の乖離です。

英語は大学受験においてもっとも重要な
教科だと思っています。

特に国立を一応目指している
娘にとって何とか高2の間に英語に関しては
力をつけさせたいと思っていたので今後どのように
英語を勉強させていくべきか色々と考えて、娘とも話し合った
結果がみすず学苑で英語を勉強するということです。

また、娘の英語についての近況報告も
たまにはしてみたいと思います。

千葉東高校は進研模試が学校のカリキュラムに
組み込まれているので進研模試を受けられている方がいらしたら
情報交換よろしくお願い致します。

お互いに
子供たちの役に立つ情報交換を希望しています。

学校間の成績の違いを見ると
見えてくるものがあると思います。

私が提供できるのは
千葉東高校 1年生の進研模試のデーターになります。


高校受験で思わぬハプニングに遭遇してしまったら・・・。 どうする?

ゆずです。

昨年、娘の受験で色々と
お世話になった河原塾。

昨年の受験前に配信された動画で
皆様のお役に立ちそうなものがあったので
upします。

受験生の皆さんは、すでに
私立高校の受験を経験されているので
もしかしたらその私立高校の受験で思わぬハプニングに
遭遇してしまった方もいるかもしれません。

事前に準備すれば避ける事もできることもあります。
実際の勉強以外の外の敵に負けてしまって
高校受験が失敗に終わらないようにやれることは
全てやっておきましょう。


【KJ】受験想定外マインドセット

【KJ】受験MS 受験における2つの壁/あなたはいい人ですか?
この動画が皆さんに
少しでもお役に立てれば幸いです。

河原利彦さんの
「受験を控えるお母さまへのメッセージを10箇条」
というインタビュー記事が
女性自身 2014年 2/4号 [雑誌]
に掲載されています。

本も何冊か執筆されています。

河原塾 河原利彦さんの著書

100%合格のための超勉強法:誰も気づかなかった



お母さんにしかできない子どもの隠れた才能の伸ばし方:子育ての悩み・不安・イライラも一瞬で消える



子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点 ―偏差値60以上の高校合格率100%!片田舎の天才塾講師が偶然発見した

私立前期選抜後の公立対策

おはようございます。
ゆずです。

千葉県では私立高校の
前期選抜試験が終わり、すでに結果もでた頃だと思います。

私立高校単願の受験生は
合格していれば進学先がすでに決定したということになります。

多くの高校受験生は
公立との併願でしょうし、公立高校が第一志望という方が
多いいと思います。

千葉県の高校入試は
前期・後期の2回の選抜試験があります。

後期まで考えると
まだあと1ヶ月もあります。

まだまだやれることはあります。
最後の最後まで諦めずに全力でがんばってください。

私のブログでも何度もご紹介していますが
千葉県の高校受験生にはとてもためになる情報を
提供してくださる船橋市にあるさくら進学塾の
塾長の鳥羽さんが運営されている
「さくらweb進学塾」というブログの最新記事が
upされています。
こちら ⇒ 2013年度 25時限目「私立前期選抜後の公立対策」

今の時期の勉強法について書かれているので
読んでみて参考になる部分があれば取り入れてみてください。

全国でノロウィルスがはやっています。
体調には十分気をつけてください。


私立入試の結果が出始めていますね。

こんばんは
ゆずです。

センター試験が今日で終了しましたね。
受験生の皆さんお疲れ様でした。

娘は2年後に本番を迎えます。

高校受験に目を向けてみると
千葉県では私立の合格発表がもうでているところもありますね。

皆さんは
結果はどうだったんでしょうか?

合格か不合格。

結果はこの2つしかありません。

もちろん合格していれば
子供自身も精神的に楽になると思います。
あとは公立が本命であるなら気を緩めないで
残りの日々をしっかりと過ごしてほしいと思います。

そして万全な状態で公立入試に臨んでください。

残念ながら不合格だった場合は
お子さん自身も親御さまもとても精神的には
つらい思いをしているかもしれません。

私自身も去年の娘の受験の際には
昭和秀英:不合格
市原中央:合格
千葉東(前期):不合格
千葉東(後期):合格
という結果で2度、不合格の体験をしました。

自分の番号がない掲示板を
見つめる娘の姿を2度見守りました。

そして、歓喜の声が上がっているその場から
家路に帰る道すがらなんて娘に声をかけて
いいんだかわからないまま無言で親子3人で
家に帰った光景を今でも思い出します。

今は辛いかもしれませんが
立ち止まっているわけには行きません。

残りの私立の受験がある方もいるでしょう。
公立試験も迫っています。

悔しい気持ちは無理に抑える必要はないと思います。
でも、それと同時に自分の力で立ち上がり
次の戦いに向かっていかなければいけません。

ガンバレ!

去年、娘が不合格の時に
元気が出る曲としてこの曲を教えてもらいました。





今日はセンター試験ですね。娘は・・・。

おはようございます。
ゆずです。

お久しぶりです。

ブログの更新が止まってしまいました。

まぁ個人的に色々あったんですが
また毎日ブログの更新ができるように頑張ろうかなと思っています。

寒いですね。
今、雪が少し降ってきました。

昨日は千葉県では私立高校の入試が始まりました。
娘が学校にいく電車の中で
高校受験生の皆さん、降りる駅を間違えないように
注意してくださいみたいなアナウンスがあったと言っていました。

いよいよ私立入試 ⇒ 公立入試と戦いが始まりますね。

がんばってください。

そして今日は
いよいよセンター試験の初日ですね。

高1の娘がセンター試験を迎える日まで
あと728日。

まだまだ時間があるように感じてしまうかもしれませんが
きっと意識しないとあっという間にすぎてしまいそうです。

今日は娘は土曜日ですが
学校で第3回の進研模試が行われるので
登校しています。

高校の定期考査は学年順位がわからないので

進研模試は千葉東高校の校内順位がわかる
唯一の方法です。

このブログで
メッセージを通じて進研模試の結果を
シェアさせて頂いてる方が何人かいます。

自分が通っている高校の結果だけよりも
他校の結果を見ることでより一層、
子供たちの実力がわかると思うので特に
千葉県内の高校に通っている方で進研模試を
学校でやっている方は情報交換をしてみませんか?

私が提供できる情報は
進研模試の7月、11月です。

それと今日受ける第3回の進研模試の結果が出れば
それもお伝えします。

千葉東高校の高校1年のデータです。

高校生本人でも
高校1年生の子供を持つ親御さまでも結構です。

大学入試に向けてお互いに情報交換をして
一緒に頑張っていきましょう。

ありがたいことに
県立 千葉高校の11月の進研模試の結果を
提供してくれた方がいました。

県千葉と千葉東の差が数字としてはっきりとわかったのは
とても貴重な情報です。

正直、思っていた以上にかなりの差がありました。

ただこのことを知ることで
全国のライバルと競う大学受験において
冷静に学力を分析できるような気がします。

ほんの数人としか
情報交換できていませんので
ぜひ、千葉県の高校に通われている方の情報をお持ちしています。

また、進研模試は
日本全国、45万人以上受けている模試なので
「千葉県立 千葉東高校」の情報で良かったら
情報は提供できますので全国の高校に通う皆さんとの
情報提供もお持ちしています。

「千葉県立 千葉東高校」って聞いたことない
という方は
高校生なら「桐谷美玲」の母校と言ったほうが通じるかもしれませんね。

では
久しぶりのブログ更新でした。

また息子の高校受験に向けての記事を中心として
書いていきます。

(* ̄Oノ ̄*)

今日から学校が始まりました。

こんばんは
ゆずです。

久しぶりのブログ更新になってしまいました。

息子は今日から学校が始まりました。
娘は明日から学校が始まります。

2014年の学校生活のスタートですね。

千葉県では
私立入試がもう直前に控えていますね。

受験生の皆さんは
風邪などひかないように十分注意してくださいね。

さて
私が以前購入した
サクラサク高校受験 勉強法

こちらの教材を作成された
坂本七郎さんが購入者にメールを送ってきてくれるんですが
今日届いたメールは

「入試直前、残り1ヶ月、意識すべき5つのポイント」

という題名のメールで、お知り合いに受験生がいて
今日のメールが役に立つなと思ったらメールを転送してあげて
くださいということなので当ブログでもメール全文を
ご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

坂本です。

 明けましておめでとうございます。


 受験生はもうすぐ入試本番を迎えます。


 今日は、そんな受験生の保護者に向けて、

 「いま」どんなことを意識すべきか、を5つの項目にまとめました。


 受験生の保護者はもちろん、そうでない人も来年以降のために

 ぜひ参考にしてください。

 


 入試直前、残り1ヶ月、意識すべき5つのポイント
────────────────────────────────────

 

 ■1.学習内容は「出そうな分野&ものにしやすさ」で考える


入試直前のこの時期、優先して取り組むべき所は、
 【志望校の問題に出そうなものの中で、少しがんばればものにできそうな分野】
です。

まず、過去3~5年分の入試問題を見ながら、よく出る分野や問題を書き出し、
リスト化します(30分程度でおこなう。あまり時間をかけない)。

その中で、得意な分野や自信のある分野は省く。
ニガテ意識のある分野の中から、少しがんばればものにできる分野を、
 出やすいものからつぶしていきます。

こうすることで、より早く合格に近づくことができます。

そしてここでもう1つ。
 時間的に余裕のない人は、思い切って捨てる分野を決めることも重要です。

 出そうな分野だけれども、ものにするのにかなりの時間を要すると思われる
もの、あるいは取り組んでかえって自信を失うかも知れないものがあれば、
 思い切って「捨てる」決断も必要になります。

 残り時間に限りがあるからこそ、効率的に取り組むことが大切になります。

 


■2.あまり新しい教材に手を出さずに、これまで使ってきたもので復習する


 これはよく言われることですが、大切なので言っておきます。

この時期に大切なのは、お子さんの自信を高めていくことです。
 過去に取り組んできた問題集を復習するなどして、じぶんの過去の
がんばりをもう一度、振り返ることを基本としていきましょう。

このとき、1でアドバイスした「出そうな分野」を中心に復習するとよいでしょう。

また、この時期から新しい問題集に取り組む場合は、薄く、2週間程度で
終わりにで きるものを選ぶようにしてください。

そしてその時、必ず明確な目的をもって取り組むようにしてください。
この分野を克服するために、この新しい問題集を使うという目的意識です。

 


■3.テスト当日のシミュレーションをする


入試当日は、できるだけ「はじめてのものをなくす」ことが大切です。
この「はじめてのもの」が少なければ少ないほど、当日の緊張が
抑えられます。

 具体例を挙げますと

 ・会場までの交通手段と道順
  実際に行動する時間帯に電車に乗るなど事前に体験できるとよい

 ・学校内の設備や様子
  まだ校舎(受験会場)を見たことがなければ、実際に行って外見だけでも
 見ておくまた、受験生でない人は、学校見学やその学校でおこなわれる模試
 などを利用することもいまのうちに検討しておこう。

その他にも、事前準備としては
 ・雪が降るなどして交通機関が乱れた場合はどう行動するか
 ・テスト前の休み時間はどのようにして過ごすか
 ・テスト中の時間配分はどうするか
 (過去問を使って、どこまでをだいたい何分で解くかを考えておく)
 も決めておきましょう。

 

■4.親は子どもの自信の維持・向上につとめる


 この時期いちばん大切なのは、お子さんの「自信」を高めること。
 自信があるだけで、当日の点が伸びることはよくあることなのです。

 現在、自信がない子の場合は、あまりむずかしい問題をさせずに、
 復習中心に、できるものを確実に取れるような勉強をする。

 現在、自信がある子の場合は、苦手な分野も取り入れながら、
できる分野、できる問題をさらに増やしていき、その努力・がんばりを
 ほめていく。

お子さんの自信度を、親子の対話の中で判断しながら、その子にあった
対応をしていきましょう。

 


■5.本番では、じぶんの力を出してくればよいと言い送り出す


本番でアガる人、アガりやすい人がいます。
アガるという現象は、「よい点をとろう、絶対に合格しなきゃ」という
強い気持ちから起こるものです。

だからこの時期の、子どもへの接し方として大事なのは、
 「入試本番では、じぶんの力を出せればそれでいい」
 「入試なんて、たいしたことじゃない(実際にこれだけでは人生は決まりません)」
という安心感を与える声がけです。

こうした声がけをすることで、お子さんは本番でもじぶんの実力を
大いに発揮できるようになります。

 「絶対に合格しようね」などといった声がけは、不要であり逆効果になることも
 あります。気をつけましょう。

 


 以上、5つが入試直前に意識すべきポイントになります。

プリントアウトをして何度も読み返すなどして
常に意識できるようにしておきましょう。

お子さんの家庭学習を、最後まで応援しています。
それでは、また次回まで。


 坂本 七郎

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

いかがだったでしょうか?

参考になる部分があれば幸いです。

私自身も
今年1年、息子の受験の伴走者として
いろいろとあると思います。

徒然に書いていくと思いますので
軽い気持ちでお付き合いしていただければ嬉しいです。

(* ̄Oノ ̄*)

あけましておめでとうございます。

ゆずです。

新年明けまして
おめでとうございます。

受験生の皆さんは
年が明けていよいよ本番ですね。

いままでの努力が
報われるように応援しています。

体調には
十分気をつけて悔いのない
高校受験に挑んでください。

高校受験はゴールではなく
あくまでもひとつの通過点にすぎません。

どんな結果になろうとも
ここまで頑張ってきたことは決して無駄には
なりません。

最後まで諦めずにがんばってくださいね。

今年は
息子が新中学3年生になります。
いよいよ受験に向けてまた紆余曲折の1年を迎えます。

ブログの内容も
息子の受験の軌跡を中心とした内容になると思います。

なかなか
思ったように成績の向上は見られませんが
それでも息子は息子なりに頑張っています。

少しでも力になれるように
サポートしていくつもりではいます。

今年もよろしくお願い致します。
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。