スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月も終わりですね。

こんばんは
ゆずです。

11月も今日で終わり。

いよいよ明日からは
12月になってしまいますね。

受験生の親としては本当に
自分の娘の受験が近づいてきていることを
実感してきました。

最近娘は私がなんにも言わなくても
勉強するようになってきました。

冬休み前までに理科・社会のTEL帳を仕上げることを
目標に取り組んでいます。

もちろん
何度か紹介した公立高校入試パックも
常に復習し続けています。

公立高校入試パックの
理科・社会の一問一答問題集で
基礎基本の定着と
TEL帳での実戦形式の問題演習。

ここをある程度固めた上で
市進の冬期講習と千葉県公立過去問演習で
本番を迎え撃つ作戦です。

うちの娘に関しては
勝負どころは理科・社会の2教科。

あとは
数学の大問1(30点配分)・大問2(30点配分)
でいかに取りこぼさないようにするかだと思っています。

だいぶ寒くなってきましたが
受験生のみなさん
また保護者の皆さん。

体調を崩さないように気をつけましょうね!

我が家では
去年、なかなか手に入らなかった
R-1ヨーグルトをなるべく子供には食べさせています。
スーパーではおひとり様一個とか制限がありますが
まだ今の時期は手に入りますね。
スポンサーサイト

ちょっといい話!

こんばんは
ゆずです。

さて
わたしが普段から見ているあるブログの
記事の中でちょっといい話だなと思った記事があったので
ご紹介します。

⇒ ある底辺高校の生徒の話

どうですかね?

何かひとつのことをやり遂げるのは
口で言うことは簡単ですが行動するのは
なかなか難しいと思います。

でも
それをやりきった先には
人生において得難い経験を手に入れることができるんだと思います。

この高校生の場合は
先生が言った言葉を信じて成し遂げました。

記事を読んでみての
感想は人それぞれでしょうけど
ちょっといい話だなと私は思ったのでご紹介してみました。

後期中間テスト ようやっと結果が出揃いました。

こんにちは
ゆずです。

11月中旬に行われた
中学校の中間テストがようやっとすべて帰ってきました。

ずっと450点以上、学年順位30番以内を目標として
定期テストに挑んできましたが今まで一度も達成することなく
ここまできました。

内申点に関係する最後の定期テスト
今回の結果は・・・・。


457点でした。
一応、最後の最後で目標達成しました。
パチパチ(*^ー^)ノ

学年順位はまだ発表されていませんので
もうひとつの学年順位30番以内の目標の達成は
わかりませんが本人も嬉しそうなので良かったです。

これで3年次の内申が1つでも上がってくれればいいんですけどね。

なにせ内申がイマイチなもので・・・。

まぁ
受験までのモチベーションアップにつながる
結果だったので良かったです。

午前中から勉強開始。

おはようございます。
ゆずです。

さて本日は
午後から市進の第7回 定例試験があります。

市進の定例も今回を含めて
あと3回。

・11月25日 第7回定例試験
・12月9日   第8回定例試験
・12月27日 冬期講習模試

秋に行われた市進の
2012 中3進学説明会の別冊資料には
昨年の市進生の受験状況がかなり詳しく載っているのですが
その資料の中に明記されている個人の偏差値が
12月に行われた定例試験の2回の平均値だそうです。

今年で言えば
・12月9日  第8回定例試験
・12月27日 冬期講習模試
の定例の平均ということになります。

うちの娘に関しても
この2回の定例の結果をもとに昨年の状況と
照らし合わせることによりいろいろと分かることもあると思います。

公立受験において娘に関して言えば
理科・社会でいかに点が取れるかが勝負を分けるのではないかと
考えていますので公立高校必勝パックの理科・社会の2周目と
Tel帳の理科・社会を中心に勉強しています。

なので

午前中から今も
私の隣でTel帳の理科と社会を勉強しています。
自分からやり始めているのでだんだんと残り時間が少ないことを
自分でもきっと実感しているんだと思います。

121125_105000.jpg 

ラストスパートはいつからかければよいのでしょう

こんばんは

ゆずです。



さくらweb進学塾

記事が更新されています。

2012年度 23時限目「スパートをかける1か月」



ラストスパートはいつからかければよいのでしょう?



答えは・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 


そう
「今でしょう!」

受験生のみんな頑張れ~♪

明日は市進・第7回定例試験があります。

こんばんは
ゆずです。

娘は今日も市進で授業がありました。
公立前期の志望校を千葉東高校に決定したことは
既に書いたとは思います。

今日市進でクラス担当の先生(数学・理科担当)が
千葉東高校の独自問題対策用のおすすめ問題集
を教えてくれたそうです。

それがこれです。
     ↓


高校への数学増刊 レベルアップ演習 2012年 04月号 [雑誌]


千葉東高校は昨年までは試験2日目に
英語・国語・数学 各50点満点 計150点の独自問題のテストでしたが

今年度は
英語・数学 各50点満点 計100点の独自問題テストです。

昨年より国語が減り、2教科になります。

うちの娘は5教科の中では数学はあまり得意ではないので
市進のクラス担当がおすすめというからには一応、手に入れなければと思って
早速、アマゾンで調べましたが中古品の出品しか出てませんでした。

東京出版というところが
発行元だったのでネットで検索したら
東京出版の直販サイトで新品は購入できるみたいだったので
早速購入の手続きをしました。

独自問題対策はどうしようかと思っていたところなので
ナイスタイミングでした。

冬休み頃にやらせてみようかと思っています。

過去問解こう会が開催されました。

こんばんは
ゆずです。

またまた久しぶりの
更新になってしまいました。

まだ体調の方が思わしくなくて・・・・。

まぁ
娘の方は元気で頑張っています。

さて
今日は娘が通う市進にて
「過去問解こう会」
というものがありました。
121123_184119.jpg 

採点の結果は
今日は帰ってきませんでした。

うちの娘はまだ
県立の過去問に挑戦していないので
実際、どのくらい取れたのか気になるところです。

公立高校に関して
一応、中学校にも県立千葉東高校に希望を出していたのですが
娘の中ではずっと悩んでいたみたいです。

私としては
12月のVもぎと定例の結果を見てから
最終的に決めたらどうかと言ってきました。

ですが今日
市進に送っていく途中で自分から
「前期は 千葉東を受験することに決めた」
と言ってきました。

最終的な志望校の判断は娘に委ねていたので
自分で決めた以上、その目標に向かって頑張るしかないですね。

成績的にはかなり厳しい受験になりそうですが
親としてはできる限りのバックアップをしてあげたいと思っています。

では
体調を早く直してまたなるべく
頻繁にブログ更新できるように頑張ります。

中学校の後期中間テストが終了しました。

こんばんわ
ゆずです。

今日、中学校の後期中間テストが終了しました。
内申に関わるテストは今日で終了ということになります。

ふぅ~。

時が経つのは早いですね。
娘の中学校の入学式が昨日のことのようです。

テストの結果はと聞くと
「まぁまぁだと思う」
だそうです。

さぁ
これで受験勉強一色ということになります。

家庭学習の重点勉強科目として
理科・社会を重点的にやっていこうと思っています。

Vもぎで結果が出た
公立高校必勝パックの教材を
基礎基本の定着用の教材としてこれから
入試当日までに何周か回していこうと考えています。

実際の入試対策の受験勉強用としては
「Tel帳(全国高校入試問題正解)」を使った問題演習をこなして
行こうと考えています。

理科・社会は塾のない平日は1県づつ
休日は2、3県分をやって冬休みに入る前に
なんとか全県1週させたいと思っています。

とにかく今日からということでまずは
北海道の理科・社会をやらせました。
 

問題をときながら
「うぁ~。北方4島の名前、完全に忘れてる~。」

オイオイ。
この時期の受験生でそんなこと
忘れてるなんて・・・。

大丈夫なんでしょうか?
うちの娘。

まぁ
こんなレベルなんでしっかりやればまだまだ上がる余地は
あるとは思いますが時間が間に合うかどうか・・・。

でもさくらweb進学塾の
「冬休みまでの受験勉強を確認する」
という記事を見てしっかりと
「Tel帳(全国高校入試問題正解)」をこなしていこと
改めて思いました。

明日後期 中間テストです。

こんにちは
ゆずです。

明日は後期中間テスト。
このテストの結果までを含めて
3年時の内申が決定すると思います。

うちの娘は
結局、内申はあまり取れなかったです。

中学校や
先生によっても評価の仕方に
かなり左右されるな~というの本音です。

低いよりもちろん内申は高いほうがいいのでしょうけど
内申が低い以上、当日に点数を取るしかありません。

中間テスト前日ですが
今日は市進の授業があります。

更に普段より2時間前に行って
過去問を解く講座があるそうです。(任意で・・・。)

前日に中間の勉強したって
大して変わらないとは思うので
過去問の講座にに行って来いと娘には
言っておきました。

さぁ
中間テストの結果はいかに・・・・。

11月のVもぎ(県立そっくりもぎ)結果が帰ってきました。

こんばんは
ゆずです。

久しぶりのブログ更新です。
私事ですがちょっと体調をくずしてしまって
ブログの更新がままなりませんでした。

今も体調が良くないのですが
Vもぎの結果が帰ってきたので
ご報告いたします。

細かい数字は
成績一覧にアップしてあります。

 


結果的には
5教科の偏差値は変わらず
公立第1志望校 千葉東高校の合格判定はC判定でした。

Vもぎ自体の合格判定はひとつの目安ですが
市進のクラス担当の話だとC判定は決して悪くないそうです。

しかし、模試の結果はあくまでも参考です。
結局は本番当日、何点取れるかが勝負です。

千葉東高校に関しては
さくら進学クリニックの
「進学コラム」の中にいろいろ書いてあるので該当箇所を
リンクしておきます。
「公立入試の得点開示結果報告」
「県船橋、東葛飾、千葉東の内申点のめやす」
「公立前期選抜の選抜・評価方法」

また千葉県公立高校の科目別入試問題の特徴の記事も
大変参考になります。
公立入試問題の科目別特徴を知る その1
公立入試問題の科目別特徴を知る その2

現時点で勝負の分かれ目は
理科・社会の2教科と思っています。

この2教科に関しては入試本番までに
しっかりと対策を取ればある程度の点数を取れると思っています。

その対策として
公立高校合格必勝パックという教材を購入し
理科と社会をやってみました。

今回のVもぎでは
社会はまだ結果につながりませんでしたが
理科に関しては
Vもぎだけの結果を見ると効果があった気がします。

Vもぎ(県立そっくりもぎ)
理科 成績
09月:理科 :073点(平均点:054)偏差値:60
10月:理科 :068点(平均点:052)偏差値:58
公立高校合格必勝パックの勉強開始
11月:理科 :092点(平均点:056)偏差値:68

本当に薄い一問一答式の問題集ですが
それでもやらせてみたら半分もできませんでした。

それが一周回しただけで
結果が出たのは驚きでした。

案外、点数が伸びない原因は基礎基本の部分の
漏れが原因かもしれません。

やはり結果が出ると
娘もテンションが上がります。

これで社会も結果が出ると更に受験本番まで
いいテンションでやっていけると思います。





中学校での三者面談終了。

こんにちは
ゆずです。

いま中学校での
3者面談が終了しました。

志望校
県立 千葉東高等学校
私立 昭和学院秀英高校
私立 市原中央高校

として希望調書を提出しての面談です。

担任からは
市原中央高校の併願推薦基準には達しているという事なので
当日によほどのことがない限り大丈夫でしょうとのこと。

まぁ
市原中央高校は特待を狙っていきたいので
気を緩めずしっかりと対策したいとは思っています。

県立 千葉東高等学校
私立 昭和学院秀英高校
の2校については点数的に厳しいので
これからの頑張り次第とのことでした。

この辺は想定済みです。

試験当日までにどのくらい学力アップ
できるかですね。

我が家の
併願作戦はこれにて終了です。

前期 公立高校に合格できない場合のみ
後期試験をどうするか考えなければなりませんが
今は前期合格に向けて最善を尽くしたいと思います。

公立高校の入試についての考察

 こんにちは
ゆずです。

さてさて
明日は中学校で三者面談があります。
一応、家族で話し合って決めた進学先を
先生に言ってこようと思います。

話は変わって
市進でうちの娘が通うクラスで
今週末から公立高校入試対策講座が始まります。
120923_092604.jpg 
市進学院
公立高校入試対策講座
・公立入試を想定した問題をときながら、
 「問題を解く順序」「科目毎の留意点」「記述問題への対処法」を学びます。
・「合格答案作成のコツ」を学ぶことにより、得点力をアップさせます。
・過去に先輩たちが陥った「ワナ」や「ミスしやすい点」などを攻略し、
 高得点を目指します。
・各都県の傾向に合わせた都県別の問題を使用します。
 
全4回 カリキュラムは

第1回・英語・国語・社会の演習+解説+類題演習
    (または、数学・理科の演習+類題練習)
第2回・数学・理科の演習+解説+類題演習
    (または、英語・国語・社会の演習+類題練習)
第3回・5教科の入試想定演習
第4回・第3回(入試想定演習)の解説授業

以上のような内容の講座です。

実際に娘が受けてきて
参考になりそうな情報があればブログにもアップしていきますね。

さて私自身も
千葉県公立高校入試に向けての情報を収集していますが
千葉県の公立高校の入試に関しては
船橋で「さくら進学塾」を経営されている鳥羽さんが
受験勉強のアドバイスをするブログとして
「さくらweb進学塾」
千葉県の高校受験生のためのブログとして
「さくら進学クリニック 進学コラム」
の二つのブログで情報を発信しています。

今のところ千葉県の公立高校入試の情報では
ダントツで役に立つ情報を提供してくれています。

・千葉県公立高校入試の科目別特徴を知る その1
・千葉県公立高校入試の科目別特徴を知る その2
の二つの記事は
受験生としてまたは受験生を持つ親として知っておく
べきだと強く実感しました。

私自身がこの辺の知識が不足していて
娘に対して志望校合格のためには5教科すべての
点数を平均的に上げていかなければと考えていたからです。

もちろん
5教科の学力のベースアップをしていかなければ
ならないのは事実なんですが実際の高校入試において
どの教科が点数が取りやすくまたどの教科が点数が取りにくいのかを
知っておくことは非常に重要なんだと感じました。

さらに千葉県公立高校入試の実際の受験科目の順番も
注意が必要ですね。

国語→数学→英語 昼食 理科→社会

特に最初の2教科
国語と数学

この2教科の公立高校の科目別特徴を知っておくのは
すごく重要ですね。

うちの娘も
前回のVもぎで最初の国語の問題で手間取ったらしく
かなり時間ギリギリで手が震えてしまい、
さらに手応えとしては70点いかないかもしれないと
その時に思ったらしく、続く数学も70点行くかどうかという手応えで
パニクったようです。

英語・理科・社会に関しても
答え合わせするまでは自信がなくかなりテストが終わった直後には
凹んだみたいです。

自己採点の結果は本人が思っている程
ひどくはなかったのですがやはり精神的動揺というものは
無視できません。

これが本番の入試であればもっと緊張するだろうし
パニックになって頭の中が真っ白になり普段の実力の
半分も出せない状態になってしまうこともあるかもしれません。

そうならないためにも
ここでしっかりと敵(公立高校入試)の特徴を
事前に知り、準備できるものは準備しておきたいですね。
特に精神的に動揺しないためには
過去問を解く時やVもぎを受ける際にしっかりと
子供に公立高校受験の科目別の特徴を頭に入れた上で
問題にあたらせたいと思います。

模擬試験は点数で一喜一憂するものではなく
いかに本番に最高のパフォーマンスを発揮できるかを知るための
ものですので、次の12月のVもぎには精神的にいかに落ち着けるかを
試す試験としても利用してみたいと思います。




 

Vもぎ(県立そっくりもぎ) 終了。

こんばんわ
ゆずです。

娘ではなく
私がちょっと体調を崩してしまって
ブログの更新ができませんでした。

11月3日は
一応、滑り止め校として考えている
私立 市原中央高等学校の学校見学会に行ってきました。

駅からスクールバスに乗っていく高校で
学校の周りになんにもないところです。

場所的には
ド田舎。

でも、学校の印象は決して悪くなかったです。
今回の学校見学会は普通に授業をしている教室に
自由に見学ができる時間が一時間程あって
1年生から3年生の授業を好きに見ていいスタイルでした。

学校側の説明ではありのままの姿を見てもらいたい
そして市原中央高校をご自身の目で見て感じてもらいたいとの
ことでした。

在校生も真面目な感じの生徒が多くなかなか好印象でした。

さらにちょっと驚いたのが
市原中央高校について体育館に入る前に
ペットボトルのお茶を配ってました。

私も何校か学校説明会や見学会に行ったのですが
飲み物をもらったのは初めてでした。

さらに学校見学会が終わったのが12時過ぎだったのですが
帰り際に軽食をということでメロンパンとカレーパンが入っている
袋をいただいて帰路につきました。

飲み物と食べ物を配る学校見学会があるなんて
思わなかったのでちょっとびくりしましたね。

そして今日は
Vもぎ(県立そっくりもぎ)がありました。

娘は今回でVもぎは3回目になります。

ざっくりと自己採点しましたが
やはり400点前後ぐらいでした。

記述の部分がどうなるかはわかりませんが
前回と同じくらいかなとの印象です。

あとひと踏ん張りというところかな?
頑張りどころですね!
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。