スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月29日 起床時間は・・・。

おはようございます。
ゆずです。

5時に起きると宣言したのですがついついオリンピック
を見てしまい、今日の起床時間は6:04でした。

ひとまず着替えをして
犬の散歩に出かけて帰ってきて
今から勉強を始めています。

今日は午前中は2時間ほどしか
勉強時間が取れません。

なぜかというと
10:30からこの前引退した部活のお友達と
お昼ご飯を食べに行くそうです。

さらに午後からは
市進の夏期講習のプログラムに組み込まれている
ナビゲーション模試があります。

友達と食事するところまでの送り迎え
模試を受けるための市進までの送り迎え

こうして
私の休日は消えていきます・・・(;´Д`)

まぁ

しょうがないですけどね。

明日は5時起きできるように
頑張ります。

でも

オリンピックついつい見てしまいます。
起きられるかな?俺?
スポンサーサイト

夏期講習7日目 市進学院

こんにちは
ゆずです。

もうすぐ7月も終わりですね。

娘が通う市進学院の夏期講習も今日で7日目。
明日はナビゲーション模試というものがあります。

夏休みの勉強の計画は
午前中に4時間
夏期講習4時間(15:45~19:45)
夜 1時間

計9時間を予定しています。

この計画のポイントは
午前中にいかに勉強をするかです。

午前中に4時間の勉強時間を確保するには
当然、早起きをしなければなりません。

今のところ6時~7時の間に起きていますが
部活を引退したので明日から5時に起きることを
考えています。

いかに午前中の勉強が大事なのかは
河原塾の河原利彦さんが夏休み前に
塾生に向けたメールに書かれていたのでそれを参考にしました。

そのメール内容はこちらに書かれています。
          ↓
   河原塾:夏期講習メール

私もなるべく一緒に5時おきをして
犬の散歩を娘と一緒に行くことを約束しました。

できるのか?俺?

でも娘だけに勉強しろと言ってるだけじゃ
説得力もないので一緒にこの夏、継続して何かを
やることにも意味があると思ってやってみようと思っています。

あっ・・・ついでにダイエットできればいいな~!
なんて思ったりしたりしてv(^-^)v

最後の大会を終えて・・・。

今日は夏期講習4日目

15:45から授業があったのですが

最後の大会を終えて家に帰ってきたのが
17:20すぎでした。

いそいでシャワーを浴びて
市進へ送っていきました。

今日の遅刻はしょうがないですね。

大会が終わったあと
部活の後輩から色紙や手紙その他いろいろなものをもらって
引退を実感したようです。
120724_213027.jpg 

「なんか、あっという間だったな~」

と言っていたところを見ると娘なりに充実した
時間を過ごせたんだと思いました。

試合のビデオも撮っていたんですが
思いっきり私の独り言がずっと入っていました。
「惜しい~」とか「ナイスボール」とか・・・。

挙句の果てに

いい場面になるとついつい
生で観ようとして構えているビデオのことを忘れて
しまって再生したらぜんぜん被写体である娘が写っていません。

なので思い出のビデオは肝心なところが
映らないビデオになってしまいました。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

とにかくこれで本当に引退です。

明日からは受験生。

明日は母親と一緒に美容院に行って
思いっきり髪の毛を短く切るそうです。

最後の大会。

おはようございます。

ゆずです。

今日、娘が選手として出場する
千葉市総体が千葉市の天台スポーツセンターでありました。

開会式の様子
   ↓

120724_084256.jpg 

これまで一度も公式戦に選手として出場したことのない
娘が最後の大会で選手として出場できました。

娘が部活(ソフトテニス)をする姿も初めて見ることができました。

1回戦負けでも

一生懸命頑張ってくれればそれでいいと思いつつ
いざ試合が始まってみると勝って欲しいとやっぱり
思ってしまいますね。

結果は・・・・。



1回戦、勝ちました。 \(゜□゜)/


勝ち負けなんて思っていましたが
やっぱり嬉しかったです。

続く2回戦は

強豪校のシード選手。

善戦虚しく負けてしまいました。

何はともあれ中学校に入学した時に約束した
選手になってもなれなくても引退するまではしっかりと
部活に取り組みなさいと言ったことを娘は守りました。

ついつい選手になれなかったりすると
練習とかもサボってしまいがちになることも
あるとは思いますが、いろいろ思うところはあったとは思いますが
しっかりと最後まで練習も真面目に取り組んだことについては
褒めてやりたいと思います。

今日で部活引退です。

今日からは受験生として高校入試の日までの
戦いが始まります。

まぁ

今日ぐらいはゆっくりと体を休めてと言いたいのですが
夏期講習の4日目があるので帰ってきたら速攻で
市進にいかなければいけません。

大変だ~!

頑張れ。

そしてお疲れ様。

よく頑張ったねv(^-^)v

夏期講習3日目終了!明日で部活引退です。

こんばんは
ゆずです。

今日で夏期講習3日目が終了しました。

そして明日の千葉市総体での大会で
部活も引退です。

うちの娘にとっては公式戦に初めて選手として
出場します。

一回戦負けかもしれませんが
全力で頑張って欲しいです。

仕事が忙しい時期でしたが
なんとか調整をつけて有休をとって
応援に行ってきます。

勝っても、負けてもどっちでもいいです。

娘にとっていい思い出になってくれれば・・・。

親の私のほうが今からちょっとドキドキしています。

成功曲線(プラス側の努力とマイナス側の努力)

こんにちは


ゆずです。

ちょっと気になる動画を見つけたので紹介します。

皆さんは成功曲線って知っていますか?
成功曲線とは黒板に書かれている図のように、
ある一定期間までは少しずつしか成果が出ないのですが、
ある地点を超えたときに急に成果が出始める、と言う法則です。

この成功曲線は、勉強や習い事、ビジネスやスポーツなど・・・
全てに当てはまります。
この法則は、プラス側にもマイナス側にも同様に働きます。

恐いのは、マイナス側の努力を積み重ねて行った結果です。

(youtube 動画説明より引用)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

成功曲線の話は一度ぐらいは
聞いたことがあると思います。

 

こんな感じの図でよく説明されますよね。

努力しても最初のうちは結果が出ないけど
ある時を境に(ブレイクポイント)ググ~と伸びていくみたいな話ですよね!

一度でもその体験をしている子は
この話を聞いてもなるほどと思うかもしれませんが

まだ一度も結果が出るという経験をしたことがない子は
ブレイクポイントを迎える前に心が折れてしまうかもしれません。

さらにこれはあんまり私は意識してこなかったんですが
上の動画にあるように
マイナス側の努力=サボったりすること
を続けるとある時点で急激にできなくなるという事実。

これは怖いですね。

サボってもブレイクポイントが来るまでは
そんなに成績も下がらなかったり、テストの点も思っているよりは
悪くなかったりするとついついなんとなく理解できてないんだけどな~と
心の中では思っていてもしっかりと勉強しようと思わなくても不思議ではありませんよね。

でも上のような動画で言われていることを
意識しておけば

あれっ?なんとなく理解しづらいなと感じたら
すぐ対処できるようになると思います。

我が家に置き換えると娘の数学がそんな状態でした。

多分、数学に苦手意識があったと思うんですが
なんとなくテストでも平均点以上取れてるしまぁなんとかなるだろと
本人は思っていたと思います。

ところが中学1年の期末テストでガク~ンと成績が急降下。

そこで娘に聞いてみるとその時点で数学がよくわからない
と言ってきて初めて自分の娘が数学ができないことに気がつきました。

その当時は私も今よりは受験や子供の勉強について
あんまり知識が無かったのでどうしていいか分からず
ちょっと慌てた思い出があります。

まぁ気がついたのが中学1年の終わりだったので
時間的にも若干余裕があり、今は得意とは言えないまでも
まずまずできるようにはなってきています。

当然その分プラスの努力をしたということになるんですが
それでも結構時間がかかったように思います。

なので

努力にはプラスとマイナスがあり
どちらもある時点で自分が想像しているよりも大きく
動くんだということを子供に理解させるのもいいのではないでしょうか?




モチベーションアップ!

こんばんわ

ゆずです。

今まで色々と自分なりに勉強のことについて
調べたてきた中で役に立つモチベーションがアップ
するものをまとめていこうと思います。

随時、いいなと思うものは追加していきます。
あくまでもは私の主観ですのであしからず。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

この中からひとつでも
あなたのお子様に役に立つものがあれば嬉しいです。

○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

【河原塾】 ⇒ 河原塾リポート

・どうして勉強しなければならないのか?


・結果と行動

○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

・代ゼミサテライン予備校
 超講師スーパーカタログ国語
 船口 明講師の紹介ムービーの内容がとても好きです。

⇒ 船口 明 講師の紹介ムービーHP


○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

・東進ハイスクール
渡辺勝彦さんの2冊の英文法の本についている
DVDがとてもいいです。 
大学受験向けの本ですが高校受験においても
モチベーションアップします。
渡辺の基礎から受験までとことんわかる英文法 上 (東進ブックス 名人の授業)
渡辺の基礎から受験までとことんわかる英文法 下 (東進ブックス 名人の授業)
 

我が家も購入済みです。
 

こちらは本を買わないと
DVDを見れませんが機会があったら是非見て欲しいなと思います。
大学受験用の英文法の本なんて必要ないかもしれませんが
何年間後には使うものですし、どうしてももったいないと思うならば
DVDを見たあとオークションに出してしまえばそこそこの値段で
落札されると思います(・ω・)/


○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

これからも
いいなと思うものは随時追加していきます。


夏期講習2日目

こんにちは

ゆずです。

娘は昨日から市進学院での夏期講習がスタートしました。

昨日は千葉市総体の団体戦があり、家に帰ってきて10分で支度をして
市進に行きました。

24日が個人戦でそこで部活も引退です。

24日までは勉強の方も市進の授業でいっぱいいっぱいなので
最後の大会が終わったあとしっかりと計画を立てさせて
なるべく娘が主体的に勉強に取り組めるような環境を作っていこうと考えています。

河原塾のメールより 親が子供にどのように接するべきかの考察3

こんにちは

ゆずです。

思春期真っ只中の中学生。
いろいろと難しい時期ですよね。

確かに自分も中学生の時は
親の言うことがイチイチ気に入らなかったような
気もします。

ずいぶん昔のことなので
記憶も曖昧ですけど・・・。

子ども自身が信頼できる塾の先生や
学校の先生に出会えているならばこれまで紹介した
河原塾の塾長:河原利彦さんのメール内容のように
親は勉強のことに口を出さず勉強環境を整えてあげることが
ベストな方法だと私も思います。

ただ、個人塾のような塾長なり講師の先生の人となりや
教育方針が把握できるならばその方法もとれますが
私の娘のように市進学院みたいな大手の塾だとすべて
塾に任せていれば大丈夫とは言い切れないと私個人は思っています。

そのへんのさじ加減は正直言って難しいところです。

河原塾のメールを参考にして
子供のブレーキにはならないような親としての行動を
意識しながらも学力アップのために親として何ができるか
これからも考えてみたいとは思っています。

では今日も河原塾のメールを見て
色々と考えてみてください。

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

塾超です。

いよいよ夏期講習ですね。


前回は、親Aからのメールを紹介しました。
今日は、さきほど、来ました親Bからのメールを紹介します。

この子は、中2の夏に、KJに入ってきた子です。
成績は悪くはないのですが、なかなか伸びて行きません。

どういうところに問題があるのでしょうか?

ーーー
**です。
いつもお世話になっております。
またまた昨夜、**のウソにブチ切れてしまいました。
私が聞いてもいないのに、“実力テストが返って来るの嫌だな~”と言っていまし
た。
実は既に返って来ているのにウソをついていました。
300点に満たない点数でした。
理科のワークのには“まとめて出すのはやめよう。今まで6回提出する機会がありま
した。”とコメントが入っていました。
提出物も出すことが出来ないようです。
相変わらず馬鹿と居るようです。学校以外で遊ぶことはありませんが…
こんな状況で受験に勝てるのでしょうか?
私は**にどう接していいのか分からなくなりました。
ご指導お願いいたします。


ーーーー

朝起きたら、清々しい朝に、このメールでした。笑
これに対しての僕からの返信です。

ーーーー
**さま、

塾超です。
朝から悩ませるメールですね。

お話わかりました。

>実は既に返って来ているのにウソをついていました。
>300点に満たない点数でした。


ウソをつくところが、問題なのは、ずっと前からわかっていました。
それに関しては、じっくり向かい合ってかなりの指導をしております。

自分がウソをついていることすら、何がいけないのかが
わかっていません。とても、根源的なことです。

「ウソをつく」ということは、自己防衛です。
なので、怒られないようにしている、単なる純粋な子供の反応です。

幼少期からこれまで、かなりいろいろなことを、
周りから浴びせられてきたのでしょう。

そういう意味では、**には、罪はありません。
ただ、自己防衛しているだけです。

テストですが、
300点に満たないというのは、悪すぎますね。
実力ですので、今の問題ではなく、1,2年の範囲ですね。

本人からどう理由を言い出すのか、聞いてみます。

相変わらず馬鹿と居るようです。学校以外で遊ぶことはありませんが…
こんな状況で受験に勝てるのでしょうか?

私は**にどう接していいのか分からなくなりました。

そうですね。わかります。

土二の希望でしょうが、この夏でどの程度、変わっていくかによります。
点数からすれば、通常でしたら、夏からあまり問題なく、合格圏にもっていくことは
出来ますが、**の場合は、ちょっと状況が違います。

問題は、学力以外の部分です。

出来る限りのことはしています。
**には、毎回、かなりの量の指導を特別にしております。

しかし、僕の話も、本当にわかっているかどうかは疑問です。
右から左の状態が続いています。

要するに、人の話の内容が、分からないようです。
表面的な事はわかっております。

しかし、根源的なことの、意味がわからないので、本人からすれば、
どうして、僕がそのような事を言っているのか、何を言われているかが、
わからないのですね。

しかし毎回、地道に、わかりやすいようにコーチングしております。
生活を含め、様々な話題から、糸口を見つけている状態です。

この状態を打破するには、時間は、かなりかかります。
勉強以前の問題です。

お母さま、近道はありません。この方法でしか、学習を習得させるための
基本的状態を作る方法はありません。

ちなみに、塾での学習は、きちんと出来ています。
さらに、宿題のプリントを自主的に出して持ち帰り、
きちんと提出しているのには、成長が感じられます。


お母さまが、どんなに期待しても、**を変えることは出来ません。

今の、状況を変えるためには、少なくとも、まずは、お母さまは、**を
見守っていくしかありません。


志望校にいかなくてはダメだ、などというプレッシャーを与えても
何の解決にもなりません。

どのようになっても、しっかり見守ることです。

**は、土二に行きたいと言っております。でも、それは親がいうからです。

本人には、どうして行きたいかの理由はありません。
ですから、頑張れないのです。本人が思わなければ何も始まりません。

お母さまが、ご自分のエゴ(土二くらいは行ってもらわないと困る・・などの)を子
供に突きつけるなどのことを続けると、**もうまくいかないです。

ご注意下さい。


ーーーーーーー


というわけでした。

いかがでしょうか?
この中3男子は、偏差値61の学校を受けようとしています。

今、380/500 で、もう少しです。
しかし、人の話をうまく聞けない子です。

お母さまは、それを心配しつつ、また、期待も大きいのです。
しかし、子供からすれば、親の期待などわかりませんし、
そんなことで、頑張ろうなんて、本気で思うことはありません。

親が、あまりに期待するので、だんだんウソも激しくなってきます。
ちょっと間違えると、親が一番のブレーキになってしまうのです。

親のスタンスというものは、とても、難しいのです。
そして、一番大切なのです。

忘れがちなことですね。あなたは大丈夫ですか?


■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

今日も何か一つでも気づきがあると
いいですね。

私は「賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず」を

常に意識していこうと思っています。

河原塾のメールより 親が子供にどのように接するべきかの考察2

こんばんは

ゆずです。

今日はちょっと仕事が忙しく
帰ってくるのが遅くなってしまいました。

明日から夏休みに入ります。
いよいよ勝負の夏になります。

さて話は変わりますが
河原塾の昨日のメールの続きを紹介します。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


つづきます。
ーーーーーーーーーーー
親御さまから返信
ーーーーーーーーーーー


塾超殿

ご指導ありがとうございます。

そうですね。社会は褒めてあげなければいけませんね。
反省です。

妻は、妻なりに小学校3年のときに家でドリル等をがんばってやらせて、
成績がかなり上がり、小学校4年生の時には、学校の先生任せにした結果、
成績が急降下した経験があり、ほおっておくことに恐怖感を持っています。

私が何を言っても、その経験を指摘してきます。


是非、塾超が去年の12月に土浦で講演した時の映像を一緒に見てみたいと思いま
す。

よろしくお願いします。

**の父

ーーーーーーーーー
塾超の返信
ーーーーーーーーー

**さま、

塾超です。

 

>ご指導ありがとうございます。

>そうですね。社会は褒めてあげなければいけませんね。
>反省です。


そうです。

僕たちは、子どもに関して、いいところよりも、悪いところばかり目につきます。そ
れが、本能です。

しかし、それは間違いです。

 


>妻は、妻なりに小学校3年のときに家でドリル等をがんばってやらせて、
>成績がかなり上がり、小学校4年生の時には、学校の先生任せにした結果、
>成績が急降下した経験があり、ほおっておくことに恐怖感を持っています。
>私が何を言っても、その経験を指摘してきます。


森の中の木の葉っぱを見たような妄想です。
もし、その時に、逆の結果が出たら、まったくその後の行動は逆になっているはずで
す。


さらに、小学生の時と、今では、**の感情が全く違います。

今は、親にコントロールされればされるほど拒絶します。
一人間として成長してきている証拠です。

母親は、どうしても、小さい頃の、自分の一部だった、かわいい僕ちゃんの
イメージが、いつまでも離れません。ただ、それは、反面、男の子をダメに
する原因にもなります。


いつまでも、親がそのような行動をすると、子どもにどんどん悪影響が出ます。

そして、親は、気づくべきです。「子どものため」と思ってやっている行動は、実
は、すべて自分のためなのです。

 

>是非、塾超が去年の12月に土浦で講演した時の映像を一緒に見てみたいと思いま
す。

>よろしくお願いします。


では、お送りします。レジメをDLしてプリントして下さい。
視聴後、きちんと感想文を提出して下さい。お母さまもです。

************

それでは、深く、深層意識に入り込んで下さい。


塾超

ーーーーーーーーーーーー


こんな感じでした。
きっと、ご夫婦で、僕の講演を見て、驚きの状態でいることでしょう。

お気持ちよく分かります。

子供を本気で思う気持というのは、本当によくわかります。
とにかく心配、不安の連続ですよね。

でも、子供にとっては、それはまったく現実ではないのです。
子供は、99%反発します。


人から評価ももらえず、「〇〇しろ!」と言われれば、子供どころか、あなたも同じ
ように、拒否反応をするでしょう。


だからこそ、僕は、その気持をいい方向に向けてほしいと思うあまり、本を書いたの
です。そして、誰も言わない事に対して、全国から大反響を得ています。


親御さまは、成績が上がらない=勉強させればいい

と思いがちです。それは、確かに間違いではありませんが、勉強すれば、誰も苦労し
ません。

では、どうすれば勉強するか??


それが、僕の指導歴25年の回答なのです。

しかも、やらされではいけません。自主的にやるようにするのです。
それが、成績アップの最高の方法です。

勉強の内容は、決まっています。

それをどのように、子供に伝えてやる気を起こしていくのか?

これが、僕の仕事です。
家庭でいくら強くいっても意味がありません。

僕が、家庭でお願いしたいことは、「環境作り」です。それだけでOKです。

あとは、基本的な生活習慣です。生活に関しては、とにかく厳しく行なって下さい。
ただ、それを勉強に結び付けないでほしいのです。

勉強するしないは、関係なく、基本生活をしっかりするのは、当然です。

それがすべての基本です。


そして、勉強に関しては、塾で僕が、ひとりずつかなりキツく指導していきます。そ
して、同時に心に関してもです。それをマインドセットといいます。

昨年の高校受験をした子の親御さまも、僕のマインドセットが非常に、重要だったと
感想をたくさん頂いております。

いよいよ、夏期講習です。
子供たちが、僕と顔を合わせる時間が多くなる絶好のチャンスです。

僕と、たくさん時間を共にしている子供は、確実に変わってきます。この夏、家庭で
の環境、塾での心の指導、そして学習で、大きくお子さまを成長させていこうと思っ
ております。


ありがとうございました。


親Aさま
メールを共有させていただき本当に感謝します。
ありがとうございました。


あなたからの感想あればお気軽に何でも下さい。

また、去年の塾超の講演「子供を第一志望に合格させる親への授業」を、受講したい
場合はお知らせ下さい。DVDで、お貸し出来ます。


塾超



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

このメールから
あなたは何を感じましたか?

長年、試行錯誤を繰り返しながら
子供の学力を上げるために苦心されてきた
河原さんの言葉に何かしらの気づきがあればいいですね。

河原塾のメールより 親が子供にどのように接するべきかの考察1

こんばんは

ゆずです。

さて、なかなか成績が上がらなかったり
親が思うほど勉強しなかった場合どのように接したら
いいかわからなくなることもあると思います。

私が受験に関して参考にしている
河原塾の塾長 河原利彦さんは子供にブレーキを
かけているのは親であることが多いいといっています。

河原塾の河原利彦さんは
本も執筆されています。


子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点 ―偏差値60以上の高校合格率100%!片田舎の天才塾講師が偶然発見した


こちらの本でも
親の接し方に警鐘を鳴らしています。

私自身はこの河原利彦さんと個人的にメールのやり取りを
させていただいています。

そこで
河原さんのメールからいろいろと親が子供にどのように接するべきか
考えてもらいたいので河原さんのメールを転載させていただきます。

このブログに河原さんのメールを載せることは
許可を頂いています。

では早速河原さんのメールをお読みください。

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

***(私の個人名)さま、

こんにちは、塾超です。
今回は、先日、塾内での親への配信メールをそのまま流します。

ーーーーーー

塾超です。

期末テストの成績も返ってきて、親が期待した、思うような成績が伸びない、、とお
悩みの親御さまもおられるでしょう。

さて、先日、塾生の中2の熱心なお父様からのメールを頂きました。
みなさんで、シェアして頂こうと思います。(個人名は伏せます。)

お子さまが、同じような状態の親御さまには、参考になるかもしれません。

では、どうぞ。


ーーーーーーーーーーーーーー
塾超殿

おはようございます。
お世話になっております。

試験が終わり、結果が戻ってきました。
変化は見られず、5教科以外は最悪でした。

どうしたらよいものか、妻は途方に暮れ、心配のあまり、がみがみと**をおこるば
かり。**は反抗し、日々争いが続いています。
そうこうしているうちに、**の対応をめぐって今度は夫婦の意見が対立・・・とい
うのが昨今の**家です。

試験結果は以下の通りでした。

国63、社93、数76、理79、英71、音15(平均48)、美50(59.
7)、保体38(60.1)、技27(24.7)、家24(32.2)

国語力がネックとなっているように見受けられます。
家では、本を30分でいいから集中して読むように指導しているところです。
他に対応が見つかりません。

今年の夏、何とか学習の癖をつけないと手遅れになるような気がして焦っておりま
す。

よろしくご指導お願いします。

**の父より


ーーーーーーーーーーーーーーー
塾超の返信
ーーーーーーーーーーーーーーー

**さま、


おはようございます。塾超です。

いろいろ大変だと思います。
とにかく、いろいろと心配なのでしょう。

まず、**に関しては、決してバタバタしないで下さい。
いかなる親の対処もカラまわりになります。
彼には、親が何を行っても効きません。

しかし、僕のいうことだけは聞きます。
お父さまは、お分かりだと思いますが、男の子はそれが普通です。

思春期である中学時期での、心の指導は大切です。

実は、この前も**たち中2に向けて指導しました。

**はこの前、足に「ミサンガ」を、つけていたので「何だこれは?」と聞くと

「かっこつけてる」とのこと。笑

そんな、やり方では、モテないぞと。


本当のモテ方と教えたばかりです。回答は、**に聞いて下さい。
(回答は、勉強するとモテるということ。)

今、勉強以前の、成績を上げるための、大切なことを毎回、教えています。

お分かりとは、思いますが、成績は、勉強をすれば上がるというわけではありませ
ん。

河原塾のように、個人に合わせた指導をしていても、
まったくあがらないこともあります。

理由は、心です。

受け入れる子供の心がどの程度かで、決まるのです。
嫌なことを、子供が、するわけがありません。
勉強も例外ではありません。

それを、悩んでも意味は、ありません。

まず、そういう時に、一番ダメなのは、親がいちいちうるさい環境です。
何年もやってきて、はっきりしていることがあります。


親が自分の不安を子供で解消しようとする場合です。
ガミガミと子供に当たる(自分の気持を晴らすため)ような親はの子は、
ほぼ、受験では、うまくいきません。


僕は、親御様には、この悲劇をしてもらいたくないのです。
特に母親にです。

これまで、大切に育てて来た我が子が、自分の思うままにならない時が今の時期で
す。特に、男の子はなおさらですね。

そういう親御さまのために、僕は今年本を書いたのです。
もう、お読みですか?
すぐに、買って読んで下さい。

今、再度Amazonで1位です。その辺の本屋でもうっています。

この本の内容で、去年の12月に土浦で講演した時の映像をぜひ、ご夫婦で見て欲し
いですが、興味ありますか?
あればお知らせ下さい。

これは、一般には、13,000円くらいかかるものですが、塾生の親には、無料で提供し
ています。


>国語力がネックとなっているように見受けられます。
>家では、本を30分でいいから集中して読むように指導しているところです。
>他に対応が見つかりません。


国語は、普段なかなか出来ないもので、やっても読解は結果が出にくい単元ですね。

ですから夏期講習で、コースを組んでいます。それをやらせる予定です。


>今年の夏、何とか学習の癖をつけないと手遅れになるような気がして焦っておりま
す。


手遅れになるのを加速させるのは、まさしく親の対応です。
それにストップをかけて、子供を守るのが、僕の仕事でもあります。


**には、毎回、会う度に、そういう指導を地道にしております。
他に道はありません。


一番大切なことは、親がガミガミいうことでも、勉強させることでもありません。本
人に、認識させることです。

大丈夫です、**は素直な子です。

塾超


ーーー
追記です。


社会の93ですが、大いに評価してあげて下さい。
社会がイマイチの**ですが、指示通りの勉強を続け、結果を出しております。見事
です。


親は、全体では、どうだのこうだのと、いろいろ言っておられますが、
努力を評価してあげないと、子どもはダメになります。

あれほど、ダメだった社会です。素晴らしい。

**は、確実に変わってきています。
僕が見てそうなのですから、間違いないです。

ただ、家庭では、そういう環境ですから、退化しているかもしれません。

何もしてしてなかった子が、10の中の1つずつ、一生懸命に改善しているのです。
まずは、1つからです。

それを、10の中の10をいっきにやれと言いますか?

大人である、あなたがたが、難しい10の仕事を依頼され、努力して1つやっと出来
たとします。
それを、誰かから、もっと、10全部を完璧にしろ。おまえはダメだな。

といわれたら、あなたはどう感じるでしょう?
2つめをやる気が起きますか?

僕は、小さいからだでも、少しずつの成長をみせる**がとてもうれしいです。


それでも、10の仕事を、すべて完璧近くにしなければ不安ですか?
もし、そうであるならば、それは、あなたがた自身の問題です。

 

参考までに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
親からの返信
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2に、つづく

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

いかがでしたか?

ちなみに河原利彦さんは塾長という表現を
あえて塾超と表記しています。

決して誤字ではありませんのであしからず。

色々と思うことはあるとは思いますが
ひとつの考え方としてまずは素直に読んでみてください。

夏休みの学習計画

もうすでに夏休みに入っている地域もあるのでしょうか?

うちの娘の中学校は今週まで学校があるので

来週から夏休みに入ります。

受験生にとっても、またそうじゃなくても

夏休みは学習面においても貴重な時間です。

もちろん、勉強だけじゃなく部活や友達と遊んだりと

色々やることもあるでしょう。

ただ無計画に過ごしてしまえば長いと思っていた

夏休みもあっという間に過ぎていき

夏休みの宿題すらやっていない状態で8月末を迎えて

しまうというのも珍しくはありませんよね。

私はほとんどそんなような状態でした。゚(゚´Д`゚)゚

そんな悲惨な夏休みを過ごさないためにも

夏休みの計画は重要です。

さくらweb進学塾の記事に夏休みの計画がありました。

一つの参考になるとは思いますので

読んでみてはいかがですか?

さくらweb進学塾⇒ 「2012年度 13時限目 夏休みの学習計画」

娘は市進学院の夏期講習が中心となりますが

それでも塾での学習以外の学習計画が重要だと考えています。

娘、本人がどのような学習計画を立てるか見ものです。

千葉市立千葉高等学校 夾竹桃際に行ってきました。

娘が昨日

千葉市立千葉高等学校 夾竹桃際(文化祭)に

友達と行ってきました。

DVC00076.jpg 

学校説明会や文化祭等に参加して

高校の雰囲気を肌で感じてくれればいいかなと

思っています。

千葉市立千葉高等学校は

現時点では第二志望の高校になります。

実は妻のお母さん、娘にとってはおばあちゃんの

母校でもあります。

公式HP ⇒ 千葉市立千葉高等学校

千葉市立千葉高校 前期有望圏 県標準偏差値:68・市進公開模試偏差値:59
(市進出版 高校受験ガイド より)

夾竹桃際から帰ってきた娘に

「どうだった?」

と聞くと

「お化け屋敷が 超怖かった!」

なんか学校の雰囲気とか
そういうのを聞きたかったんですけど

「お化け屋敷が怖すぎて、そのほかの記憶がすべてなくなった~!」

だそうです。ヽ(゜▽、゜)ノ

まぁ

楽しかったようなので良しとします。

あと、校舎が綺麗だったそうです。

選手に選ばれました。

こんにちは

ゆずです。

うちの娘はソフトテニス部に入っています。

中学に入るときに
部活は何をやってもいいけど
引退するまで絶対にやめないことだけを約束させました。

運動神経がそれほどいいほうではないので
選手になれないかもれないけど3年間続けることに
意味があると思ってそのような約束をさせました。

真面目な性格なので
朝練も含めて部活をサボることもなく
一生懸命娘なりにはやっていたと思いますが
今まで一度も公式戦の選手に選ばれることはありませんでした。

3年生でうちの娘だけ一回も公式戦に出場していませんでした。

「部活に入るときに選手を選ぶ基準は部活の出席率を
最優先に決めると言っていたのになんで私だけが
選ばれないの・・・・。一番、部活に出ているのに・・・・。」

と涙したこともありました。

部活の顧問が決めることに親である私があれこれ言うつもりは
ありません。

ただただ娘には
「悔しいかもしれないけど、それでも最後まで頑張って
部活は続けなさい。選手になれてもなれなくても
最後まで部活を続けて得た経験はきっと無駄にはならないから」
と言い続け今日まできました。

最近は他校との練習試合で何回も勝ったよ
みたいな話は聞いていたので最後の総合体育大会は
選手になれるといいなとは思っていました。

「選手に選ばれたよ~!」

と嬉しそうに帰ってきたので
親としては正直ほっとしてます。

「あ~、これで中学校の部活動の思い出が
すごく色鮮やかのものになって娘の思い出になる」

私自身は中学時代
部活はレギュラーだったので
選手になれなくて部活動を終える気持ちは
正直わからないので、娘には頑張れとは言いつつ
寂しそうな目に対しては何もしてやれないのが辛いところでした。

終わりよければすべてよし!

勝っても負けても
選手として出場する大会
楽しんで思いっきり悔いのないようにやってきて欲しいです。

受験も
終わりよければすべてよし!

でしめくくれればいいんですけどね (^^♪


決断とは・・・。

決断とは、断つことを決めることである。
断てた数に思いは比例し、その思いに結果が比例する。

こんにちは

ゆずです。

さて上記の言葉なんですが

読者登録させてもらっている

関関同立マナビズムさんの
記事に乗っていた言葉です。

詳しい記事内容は⇒断てた数に思いは比例し、その思いに結果が比例する。

大学受験の塾を開いてらっしゃる方の
ブログです。

この夏休み前にこの記事を読んで
娘にも「決断」をさせようと思いました。

あなたは何を断つことを決めますか?

IMAGINE THE FUTURE

筑波大学のイメージソング

とても詩の内容と曲調が素晴らしいと
親交がある河原塾・塾長の河原利彦さんが
おしゃっていました。

先が見えないとか
将来に希望が持てない若者が増えているなんてことを
マスコミは垂れ流していますが、そんなことはない
思いは具現化する。

素晴らしい未来を創造させてあげるようにするのが
大人の責務だし、親の責務でもあると思います。

そう言う意味ではマイナスのイメージを
垂れ流すテレビ等は見ないに越したことはないかもしれませんね。

素晴らしい未来のために今何を
「決断」するのかをじっくりと親子で考えてみるのもいいかもしれません。

ではじっくりと
IMAGINE THE FUTURE
をお聞きください。

全国高校入試問題正解 通称 Tel帳

昨日、市進で購入予約しておいた
全国高校入試問題正解を娘が持って帰ってきました。



2013年受験用 全国高校入試問題正解 英語・数学・国語

2013年受験用 全国高校入試問題正解 理科・社会


こちらの問題集は
かなりのボリュームがあります。

中3の夏休みには是非とも取り組んでおきたい
問題集ですが、どのようにこの問題集に取り組むべきか
をしっかりと伝えている記述をあまり見かけません。

しかし、前回も紹介しました
さくらweb進学塾というブログの中で
この全国高校入試問題正解 (通称 Tel帳)
について詳しく書かれている記事がありました。

とても参考になったのでご紹介しておきます。

・2012年度 10時限目「受験勉強の真打ち登場」

・2012年度 11時限目「全国高校入試問題正解の使い方」

この二つの記事をしっかり読めば
どのようにして全国高校入試問題正解に取り組めば良いかがわかると思います。

うちの娘にも
夏休みを待たずに、早速国語からでも取り組ませてみようと思っています。



中学校での三者面談

この前、

中学校で三者面談がありました。

私はいかなかったので妻と娘で
中学校に行ってきました。

三者面談で志望校を聞かれ
「県立 千葉東高校」が第一志望と伝えたところ
今の成績だとかなり厳しいと担任からは言われたそうです。

まぁ担任の先生がそういうのは想定内でした。

私が住んでいる千葉市は学校区分で言うと第一学区に属し
公立高校で言えば上から

県立 千葉高校   前期有望圏 県標準偏差値:73 ・ 市進公開模試偏差値:66
県立 千葉東高校  前期有望圏 県標準偏差値:70 ・ 市進公開模試偏差値:62
市立 千葉高校   前期有望圏 県標準偏差値:68 ・ 市進公開模試偏差値:59
市立 稲毛高校   前期有望圏 県標準偏差値:63 ・ 市進公開模試偏差値:54
(市進出版 高校受験ガイド より)
 
千葉・茨城南部・近県 高校受験ガイド〈2013年入試用〉 

となっています。

私の娘が通う中学校の
上記高校進学人数を見ると

県立 千葉高校   :3~5人
県立 千葉東高校  :5~10人
市立 千葉高校   :15人前後   
市立 稲毛高校   :15人前後   

なので学校の定期テストの順位40番前後の
娘の成績では難しいと担任の先生が言うのはもっともだと
思います。

ただ、塾の模試の結果だったり
この夏の学習次第では決して届かない目標ではないと
私自身も思っていますし、娘もその気でいますので
最後まで「県立 千葉東高校」を第一志望校として頑張っていこうとは思っています。

まぁなかなか厳しいとは思っていますけどね(^^♪

市進学院 第3回 定例試験

今日から7月に入りましたね。

もうほんとあっという間に時間だけが過ぎていっています。

今日は市進学院で定例試験があるので
朝から娘を市進まで送っていきました。

7月の後半には最後の総体があり
そこで部活も引退。

そして夏休みを迎えます。

この夏をいかに充実させて過ごせるかが
鍵になりそうです。
プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。