スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お子さんを「勇気づけたい」のですか?それとも、「勇気くじき」をしたいのですか?

おはようございます。
ゆずです。

このブログでもたびたびご紹介している
河原塾。

その塾超である
河原利彦さんから昨日、メールが来ました。

私は娘が教材を購入したのをきっかけに
このブログでも必要に応じてメールを転載してもよいと
許可を頂いています。

受験を間近に迎えた親御さんや
現中1,2の親御様にもぜひ読んでおいてほしい内容だと思って
ご紹介します。

以下が河原さんのメールの内容になります。

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

昨日、僕の裏メールツイッター(*)で、こういう内容をツイートしました。
もちろん、裏なので、登録している人だけにメールで届くものです。

この「裏メールツイート」初めキツいことばかりでどうなるか・・
と心配していたのですが、日々あったことの中から、何でも思ったことをそのまま書いているだけですが、意外に反響が多くてびっくりしています。笑

同じようなことを昨日のWEB授業で子供たちから悩み相談を受けたので、今日は、思い切って表メールで紹介します。笑


=裏ツイート1===

「模試の結果が全然届かなかったので、お父さんに◯一はおろか◯二、◯◯も行けないと言われました…」
ーー
子供たちは、このような親の言葉を毎日受けながら何とかやってるのです・・・
こういう親は、職場でも部下に同じようなことを言ってるのでしょう。

どうしようもないのは親の方なのです。

=裏ツイート2====

ある子は、家での生活で、例えば電気を消し忘れるなど、何かをやり忘れるたびに、おまえ「不合格だな」と言われているそうだ。
ーー
そんなことも出来ないようでは、高校なんか行けないという発想なんでしょうが、どれだけ子供がそのような言葉に傷ついているか知る由もない。

大体、こういう親は、自分が出来ていないのがほとんどだ。
自分を単に他人反映しているだけ
=====


以上2つのツイートです。
塾超は、何ということをメールするんだ!!

と思わないで下さいね。
これは、裏での会話ですので。笑

でも、その「何ということ」を意外と平気で言ってるのです、家庭では。

親は、自分の子供が心配のあまり、いろいろなことを言います。
それは、重々承知なのですが、

でも、ちょっと冷静になって下さい。

言っているあなたは、いったい、お子さんを「勇気づけたい」のですか?
それとも、「勇気くじき」をしたいのですか?

上の2つの言葉は、実際に家庭で流れた親の言葉です。
誰が読んでも、少なくとも「勇気づけ」をしている言葉とは思えませんね。

でも、口の中に斧が生えているようにこういう言葉を平気で放っているのです。子供たちはまだ未熟な心にショックを受けます。

少なくともKJ生たちは、生活習慣を自ら改善して、朝の4,5時から起きだして、眠くても何とかやって頑張っています。

今年も、毎日、1日も休みなしで、毎朝子供たちと一緒にやってきました。
初めは、どうしても早起き出来なかった子たちが、今は何と、5時台には起きだして、自分のやることをやるようになりました。

本当に、みんな凄いな、と感激、そして関心しています。
これが、全ての学習の基礎になるのです。
まずは、生活習慣なのです。

・ここで凄く強くお願いがあります。

そんな、健気な子供たちに、上のような言葉は絶対にかけないでほしいので
す!

親がどんなに子供を思っていても、少なくともこのような言葉では、まったくの応援にも、勇気づけにもなっていないのは明白でしょう。

ましてや、マイナスワードを放って「発破をかける」などということは、勘違いも甚だしいのです。

僕たち大人だって、マイナスな言葉で、「よし、頑張ろう!」なんて絶対に、思えません。全てを放り出したくなるだけです。

今、少なくともKJ生は、自分なりの努力をみんなしているのです。
大人から見たらまだまだなこともあるでしょう。

でも、彼らは自分を良くしようと頑張っているに変わりありません。

どういう風にしたら、もっといい勉強が出来るようになるか・・
自分なりに考えて、僕の勧める、一番効率のいい「朝勉」をやっているのです。

どうか、親御さま、お子さまの成績の「結果」だけを追わないでください。

今、仮に、いい結果が出ても、一時的なの気休めにしかなりません。
本番はどうなるか誰にもわからないからです。
だからこそ、今の瞬間をしっかりやっていくのです。

子供たちを思うあまり、ちょっと力が入りすぎたようです。
以上、よろしくお願いします。

乱文失礼しました。

■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□

いかがでしたでしょうか?
子供を心配するあまり似たような言葉を
かけていませんか?

私も娘の時にはマイナスワードを
ついついかけていたように思います。

普段一生懸命やっているのに結果が出ないことに
一番苦しんでいるのは子供たち本人のはずなのに
親が追い打ちをかけてしまっても決して良いことなんかありません。

ぜひぜひ
この河原塾の子供たちと同じように
形態はいろいろでしょうがここまで頑張ってきた自分の子供に対して
成績の「結果」だけを追わないで行きましょう。

色々感想はあると思います。

でも行動しているならば必ず結果は出ます。

その結果がいつ出るかがわからないだけです。
もしかしたら高校受験のあとかも知れません。

親というのは一番子供にとって
身近な存在ですので下手をすると子供の成長に
ブレーキを掛けてしまう最大の原因になりかねません。

子供の結果にアレコレ言う前に
この辺について真剣に勉強するべきは
本当は親のほうなのかもしれませんね。

自戒の意味を込めまして
河原さんのメールをご紹介いたしました。

息子が通っている市進学院のような
大手塾などは勉強は教えてくれます。

ただこの時期の子供の精神的な悩みについて
ましてや家庭でこんなことを言われたあんなことを言われた
みたいな悩みについて真剣に向き合い子供にマインドセットを
してくれるよう講師は皆無だと思います。

個人塾などでは
そういうきめ細かい指導をしてくれるようなところもあるのでしょうけど
それを発信しているところはほとんどありません。

そういう意味でこのような情報を発信してくれる
河原塾は私がとても信頼をおいている要因の1つではあります。

ぜひとも
このメールを読んで頂き
ご自身の子供に対する言動をチェックしてみてはいかがでしょうか?

子供たちには
無限の可能性がまだまだ広がっています。
その可能性を潰すような言葉はやめましょう。

私の子供も
あなたの子供も

素晴らしい未来が待っているはずです。

子供たちが心が折れそうになった時に
そっと支えてあげることのできる親でありたいと思います。

河原塾のHP
http://www.kawahara-juku.net/

河原塾
河原利彦さんの書籍




スポンサーサイト

部活で勉強が出来ない​!? 

ゆずです。

久しぶりの河原塾ネタです。

娘の受験期に情報収集をしているときに
知った河原塾。

茨城県にある小さな個人塾でしたが
塾長さん(現在は塾長ではなく塾超と名乗っています。)の
河原利彦さんが自塾でのHP等でご自身の考え方を発表しているのを
見て興味がわき、その後いくつか河原塾で販売していた教材を購入したりして
ご縁が出来、何度かメール等でもやりとりさせていただきました。

その河原さんが
自塾の塾生向けにメールを配信なさっていて
そのメールを私にもいただけるようになり、
さらにこのブログにてメールの掲載の許可もいただいています。

昨年から
河原塾では朝の勉強を強く薦めていて
自塾でも夜型から朝型にシフトしています。

その考え方を私も取り入れ
少しずつ息子には朝トレ(朝勉強)と称してやらせてみていますし、
昨年からこのブログにて朝トレを薦めてきました。

現在、河原塾ではより進歩して
朝の脳機能空間を全国の中高生に向けて広くオープンしています。

詳しくは
河原塾のHPを御覧ください。
⇒ 河原塾HP

こちらのHPの
Ch2 脳機能チャンネル
にて5:30~8:00の間、脳に良いとされるバックグラウンドミュージックと
ところどころ塾超の河原利彦さんの音声によるお話があります。

朝勉強のペースメーカとして利用してもいいかもしれません。
ぜひ、よかったら利用してみてください。

では昨日いただいたメールをご紹介します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


塾超です。

5月も中旬となり、部活も一層忙しくなってきたことと思います。
中3生は、先日、受験生としてスタートしたばかりで、すぐに、部活で勉強時間も、
思うようにとれなくなってしまった人も多いと思います。

恐らく、部活が忙しい子などは、そういう状況をみて、受験は大丈夫だろうか?
と心配している親御さまも多いことでしょう。

さて、昨日は、本校は、亀城プラザでの合同授業でした。

やはり、部活のために、来られない人が多くいました。
しかし、時間を作って何とか来た子たちもいました。

塾の時間は決まった時間で、午前中中心からは変わりません。
決して部活後の夜遅くにはなりません。
(平日は仕方ないので遅くとも20?21時までには終われるように努力。)

それには、深い理由があります。

かつて、僕は、そのような状況の子供たちに、塾時間を変更して、部活後でも
なるべくたくさん勉強してもらおうと、必死に夜遅くまで、時間を設定したことが
ありました。(何と今では考えられない22時過ぎまで!)

そして、部活後に塾に来た生徒たちは、なんとか眠い目をこすりながら、
がんばって勉強していったのです。
こういうのを一般的に努力というのでしょうか。笑

親御さまは、そういう子供の姿を見て、ある意味安心していました。
僕も役に立てて良かったと、その時は、ほっとしました。

ところが・・・

一生懸命やっているはずの子供たちの成績は一向に上がりません。
上がるどころか、下がっていく子もで出始めたのです。

一体どういうことなんだ!
この奇妙な事態をどう捉えればいいのだ・・

そう、本人達は、塾に来て勉強する形をしていただけで、疲れた頭には、
勉強の内容はまったくといっていいほど入っていなかったのです。

まるで、穴のあいたバケツに水を一生懸命に汲んでいるようです。

それどころか、部活をしていても、ちゃんと塾が時間を変えてくれて、
勉強出来るので、それが逆に出て、「依存心」が強くなってしまったのです。

要するに、部活後に塾に行って喜んだのは、我が子が勉強していると勝手に
思い込んでいた、親たちだけだったのです。

本人たちの脳は、もう休止状態。どんなに良い授業をしても受け付けて
いませんでした。勉強しながら既に睡眠状態だったのでしょう。

そして、僕は、ある結論に達しました。

「1日の最後、夜の勉強は、ほとんど意味のないものである」

人間というものは贅沢なもので、環境や居心地がいいと、
決して良い結果が生まれないのですね。

子供たちを指導し始めて、今年で27年になりますが、はっきり分かったことです。

ただ、闇雲に勉強するのではなく、もっと効率のいい勉強をさせるべきだと。

それには、結局「朝」しかない!


と思ったのです。人間の朝の脳は、本当に生き生きしています。
金の時間帯です。そして、世の中の大物は、4:30と、みな早起きです。

そして、塾でも、いろいろ工夫をするようにしました。

3年前には、早朝6時からの夏期講習で、世間の度肝を抜きました。

今は、僕の始めた朝塾が、全国に広まりつつありますが、その当時、
朝6時からやっている塾なんて、バカじゃないのか!!!

と思われたのです。(今年もですよ!)

しかし、受験結果は良好で、ハイレベル校への合格が続出したのです。
それに関しても2冊めの著書が今でもAmazonでベストセラーです。

そして、塾生は、実は、「誰よりも楽をしてハイレベル校を勝ち取っていた」ことが
特筆することです。これは、極秘です。笑

そして、今は、毎朝の脳機能朝勉を通じて、
僕は子供たちに教えたい大切なことがあるのです。

それは、忙しい時に、時間が無い時こそ、「自分の時間」をどうやって
作っていけばいいのかを考える、ということです。

それを、しっかり自分で考えていける子供を育てるということなのです。
これが僕が塾をやっている理由でもあります。

そして、それさえ出来れば、大人になっても、何になっても、
最強のスキルになるからです。

最初の関門である「受験」に対しても、自分の時間を作り出すスキル(技術)が
ある子は、あり得ないほどの成績が伸びていくということです。

ただ勉強をさせれば、成績が上がるということではないということです。

子供たちから「部活が忙しくて・・・」と聞くと、しめしめと思います。笑

「これは願ってもないチャンス」だと本気で思っています。

それでは、その子が、どうやって時間を作り出すのか・・、

時間は、その辺にゴロゴロと転がっているのではなく、
自分で作り出すものなのだということを体感させたいのです。

なので、忙しくて塾に来れないなら、どうすればいいのか?

それを考え実行すること自体が、非常に意味のあることで。
実は、入試間近で時間がなくなるときに、一番役に立つことでもあるのです。

要するに、最終的には「朝」に行き着くのです。

「忙しい」という子に限って、朝は寝ていたりするのです。工夫をしていない。
そういう子は、「朝が弱い」などと、自分で勝手な理由を作り出します。

実は、朝弱い人間などいません。人間は動物ですからね。笑


要するに、「朝勉が出来ない子は夜勉も出来ない」ということです。

そして、去年の受験から始めた、脳機能空間での全国のKJ生たちが
集まった朝勉空感は、ひとつの集大成でもあります。

今年はもう早くから子供たちに毎日大切なことを教えています。

その中で、子供たちには少しでも早く「時間を作るスキル」
身に付けてほしいのです。

そうなれば、成績のことなどと、親がいちいち言う必要もなくなるはずです。

現代社会は、物理的に困ることは、まずありません。
何でも私たちの欲を満たします。

しかし、周りの大人が、何でも子供の環境を良くしてしまうと、
子供自身が考えなければならない「貴重な時」を奪ってしまうことになります。

寒ければセーターを用意してあげ、雨が降れば傘を差し出す。
自分で考える暇もありません。今の子育ては、そういうことばかりです。

毎日の生活での貴重なことを、親が先回りして、子を良くしているつもりで
奪ってしまうことが無いようにしたいものです。

受験は、そういう意味で、子供たちが大人への第一歩を踏み出すための
自己訓練が出来るとても大切な時期なのです。

これから、しっかり受験を通して、子供たちに成長していってほしいです。

そして、塾超は、これから、受験まで290日の、毎日、脳機能空間で、
子供たちの朝勉をサポートしていきます。

「20世紀の未来は夜作られた、そして、21世紀の未来は、間違いなく朝、作られる。」

親御さまも、ご家庭でのご協力よろしくお願いします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いかがでしたか?
何か参考になる部分はあったでしょうか?

個人塾の塾長さんですが
河原利彦さんは以下の本も出版されています。


100%合格のための超勉強法:誰も気づかなかった


子どもを第一志望に合格させた親の3つの共通点 ―偏差値60以上の高校合格率100%!片田舎の天才塾講師が偶然発見した


お母さんにしかできない子どもの隠れた才能の伸ばし方:子育ての悩み・不安・イライラも一瞬で消える

うちの息子が通っている校舎の
市進学院の先生で本を出している人なんていません。

なのでたかが個人塾の先生の言うことなんてという偏見は
持たずにひとつの考え方として聞く耳をもってみるのもいいかもしれません。

もう個人塾として
27年も子供たちを自分でしっかりと指導されてきた方です。

同じ方法にとどまらず
常にどうすることが子供たちに良いか考え
実行している方なので参考になる部分は大いにあると思います。

この
河原さんのメールがみなさんの参考になれば嬉しいです。

では

ヘ(゚∀゚*)ノ

河原塾 「KJ脳機能リアル空間」 配信終了。

ゆずです。

河原塾の
新しい試み
「KJ脳機能リアル空間」
のUSTREAMでの配信が終了しました。

朝6時から
基本ワンセット
毎時05~55分、10分間の休憩のパターンでやれば
6セット 5時間勉強したことになります。

きっちりと
朝から決まった時間
しっかり勉強できるかどうかが勝負。

そのひとつのきっかけとしては
「KJ脳機能リアル空間」
というサービスがあると
しっかりと拘束力というか
やらなければならない状態に身を置けるので
人によっては有用なサービスになるかもしれません。

脳が集中できるという
音源の効果は具体的には実感しづらいですが
よくクラシック音楽などもそういう効果があると
聞くので自宅でもそういうものを使えば代用できるかもしれません。

来週の土曜日も
無料で「KJ脳機能リアル空間」の配信サービスがあるので
音源を流しつつ、きっちりと
50分勉強して、10分休憩のワンセットを
6時から12時までやってみてください。

しっかりと午前中から
5時間の勉強ができたということは
子供にとって大きな自信になるかもしれません。

もちろん
受験生以外の中学1年生でも中学2年生でも
高校生でもやってみる価値はあると思います。

公立の入試に関しては
頭の善し悪しは関係なくいかにしっかりと
時間をかけて勉強したかどうかにかかっています。

まずは絶対的な勉強時間。
それと密度の濃い勉強方法。

平日に朝勉強1時間。
土日、祝日、長期休暇は朝から午前中に5時間。

この勉強スタイルを
確立できれば今がどんな立ち位置でも
大躍進のチャンスは誰にでもあると思います。

なかなか部活などもあり
難しいかもしれませんがそれでも午前中に用がない時には
必ずやるゆにすれば受験生になった時に
とても有利な状態でいられると思います。

ひとつの
勉強のあり方としてご参照ください。

では

 


河原塾 「KJ脳機能リアル空間」

ゆずです。

本日、
河原塾で始まった新たな試み
「KJ脳機能リアル空間」

USTREAMにて
脳が集中する音源を流して
それを聞きながら勉強するというものになります。

ところどこで
河原塾 塾超:河原利彦さんが
音声で話しかけてくれます。

基本ワンセット
毎時05~55分、10分間の休憩のパターンになります。

6時から始まって
3セット終了。

今、9時ですが
もうすでに6時から勉強していれば
3時間勉強したことになります。

あなたはいまこの時間までに
何時間勉強できていますか?

時間は平等ですが
その使い方が問題です。

今頃、起きてきた受験生と
朝の6時からしっかりと勉強始めた受験生では
すでに3時間の差がもう生まれています。

この現実をしっかりと受け止めてほしいと思います。

自分のレベルより、高いレベルの志望校を目指す場合の2つの絶対条件
ーーー
1.人より多くの時間を確保してやらなくてはない。
2.人より効率のいい勉強をしなくてはならない。
ーーー

朝6時から
勉強始めた人と今頃起きてきた人では
2つの絶対条件の打ち1つは確実に条件を満たしていません。

今の自分のレベルより
上を目指しているならば
もう一度そこのところをよく考えましょう。

ライバルも
この時期は一生懸命勉強していいます。

そのライバルに勝つためには
何が必要でしょうか・・・・。

よく自分の頭で考えて
納得したうえで頑張ってください!

河原塾 新たな試み!

おはようございます。
ゆずです。

娘が受験で
お世話になった河原塾。

その河原塾で
新たな試みが始まりました。

その名は
「KJ脳機能リアル空間」

詳しくは河原塾のHPを見ていただくとして
内容としては

1.学習を集中させる音(脳機能音源)を生配信。

2.勉強マインドセットを生配信。

3.勉強方法を伝授。

4.受験直前(12月~2月)は、受験マインドセットを配信。

というようなことをするそうです。

正式に受講生を募集するそうですが
12月14日(今日)と12月21日の2回を
無料体験としてUSTREAMで配信しています。

本日
河原塾からきたメールもご紹介します。

○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

塾超です。共通全国配信です。

おはよう、寒いですね。
今朝も、きちんと起きてるだろうか?

ちょっと心配です。

昨日は、本校の霞ヶ浦教室で、数名が教室を早く帰るので、生活のチェックをしてみた。

例えば、土二(偏61)を狙っているなら、最低、今、実力で380位の成績が無いと無理とされる。しかし、彼らは、あと60点は足らない。

どうするか?

勉強する時間をまずは増やさなくてはならない。

しかし、この時期に夜7時半に帰るというのだ。
通常だったらあり得ない話なのだ。

今までも、土二など、ハイレベルに入る子たちや、自分のレベルよりも、偏差値が5以上高い高校を目指す子たちは、時間を探してまで勉強しまくって来たのだ。

理由を聞いてみると・・・

「その分、朝やります。」

という回答。その言葉を信用することにする。
そして、そこで綿密に指示を出した。


あなたも一緒に再確認してみて下さい。

自分のレベルより、高いレベルの志望校を目指す場合の2つの絶対条件
ーーー
1.人より多くの時間を確保してやらなくてはない。
2.人より効率のいい勉強をしなくてはならない。
ーーー

1の回答は、朝勉強。
2の回答は、LFの繰り返し。

やることは、簡単だ。
だた、それをしっかりやれるかどうかにかかっている。

さあ、今日は、土曜。
塾超は、土浦教室から、KJ生に、「勉強の空間」を与えます。

いろいろ考えたました。そして出来たのが、新しく作ったバーチャル教室です。

他の音は全て消して、ここでかかっている音だけを流しておくと、脳機能が
かなり良くなります。

集中出来る音です。音楽など、これ以外の音は絶対にかけてはいけません。

「脳機能音楽」を午前中の勉強時間に、流しておきます。

それだけではない。

毎時間に、塾超が声をかけますので、それを聞きながらしっかりと
勉強してほしい。

ここから流れる音を、スマホやパソコンなどから流して勉強してほしい。

http://www.ustream.tv/channel/kj-%E8%84%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E7%A9%BA%E9%96%93-%E9%85%8D%E4%BF%A1%E6%95%99%E5%AE%A4

HPからの場合は、ここです。

http://www.kawahara-juku.net/kj%E8%84%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E7%A9%BA%E9%96%93/


いつもと違う場所なので、注意して下さい。
参加出来る人は、メール下さい。声をかけます。


では、寒い土日しっかりやろう!
一緒に出来る人は、すぐに来てください。

もう、教室は、始まっています、音が流れています。
塾超が、今から、

ーー
教室に入れない場合は、教えてください。

○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○● ○●○●○●○●○●

受験生のみんなは
もうすでに起きてバリバリと勉強していますか?

朝勉強は
春先から河原塾では何度も何度も
とても重要だと言っていました。

私もそれに影響されてこのブログにて
朝勉強を推奨してきました。

その効果が
やってきた人とやらない人では
出てくる時期だと思います。

私が住んでいる千葉県の公立入試は
あと2ヶ月後に迫っています。

もう本当に
ラストスパートの時期です。

今回の企画もせっかくなので
体験してみるといいと思います。

朝6時から
毎時05~55分、10分間の休憩のパターンで
脳が集中できるという音源を聞きながら
午前中、勉強してみてください。

仮に1%でも効果があると思えば
試してみるのも悪く無いと思います。

では
受験生は夢に向かって頑張って勉強していきましょう。
午前中だけで5~6時間は勉強する時間はありますよ。

時間は受験生に平等に与えられています。
それをいかに使うかはあなた次第です。

頑張って!

ちなみに息子は
部活の試合のため朝6時に出かけて行きましたので
今回の企画に参加できませんでした。

代わりに私が音源を聞きながら
このブログを書いています。

プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。