スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国高校入試問題正解の使い方 

ゆずです。

いつも参考にさせていただいている
さくら進学塾様のブログにTel帳の使い方の
記事がアップされています。
       
       

全国高校入試問題正解の使い方

とても参考になる記事ですので
Tel帳の使い方の参考にぜひ熟読してください。

我が家の息子で言えば

まだ部活が終わっていないので
夏休みに入ってからですが
英語と国語は時間をはかって本番のつもりでやらせます。
夏休み中に47都道府県分やるつもりです。

理科・社会はまだ習ってない部分を飛ばして
普通問題集のようにドンドン解いていきます。

数学は息子にとって一番ネックな教科なので
Tel帳では先のブログの記事に書いたあったように
計算問題や1行問題だけを徹底してやっていこうかなと考えています。

千葉県の入試は
大問1が計算問題
大問2が1行問題

この大問1と大問2で60点の配点です。

いかにこのこの大問1と大問2で失点をせず
点数を取れるかが数学が苦手な子供の場合
勝負になると思います。

この部分は我が家の息子にとって
決して無視できないところですし、
徹底してやりこまなければいけない部分だと認識しています。

みなさんのお子様は
どのようにTel帳をお使いになりますか?

頑張ってやりつくしましょうね!

娘の受験の時には認識が甘く
やり込めなかったTel帳。

今回はやります! ヽ(゚◇゚ )ノ



旺文社 2015年受験用 「全国高校入試問題正解」
(通称:電話帳・Tel帳)
Tel帳は「科目ごとの分冊」と、
「英数国3教科合冊」「理社2教科合冊」があります。
使い勝手は分冊のほうがよいですが、
5教科買う場合は合冊のほうが金額的にはお得です。
<合冊>
2015年受験用 全国高校入試問題正解 英語・数学・国語
2015年受験用 全国高校入試問題正解 理科・社会
<科目別>
2015年受験用 全国高校入試問題正解 英語
2015年受験用 全国高校入試問題正解 数学
2015年受験用 全国高校入試問題正解 国語
2015年受験用 全国高校入試問題正解 理科
2015年受験用 全国高校入試問題正解 社会



スポンサーサイト

ゴールデンウィークはミニ天王山

ゆずです。

千葉県の
公立上位校の受験アドバイスを
ブログにて発信しているこちらのブログ
⇒ さくらweb進学塾

こちらのブログの最新記事が
2014年度 3時限目「GWはミニ天王山」
という記事になります。

こちらのブログは
娘の高校受験の頃から参考にさせて頂いています。

現在、息子の高校受験において高校受験までの残り
日数を序盤、中盤、終盤と3つに分けて取り組んでいますが
確かにGW(ゴールデンウィーク)は私の息子にとっても
序盤のポイントになる期間だと認識しています。


4月29日から5月6日の間は市進の授業もないので
家庭学習において時間が取れる期間になります。

まだ
GWの部活の予定が決まっていないので
なんとも言えないのですが普段より時間が取れることは
間違いないのでしっかりと計画を立てて取り組みたいです。

少しやらせてみたいことがあるので
もう少し学習計画を練ってから決めていこうかと思っています。

受験生のみんなも
GWの期間中に何をやるべきかすでに考えていますか?

しっかりと計画を立てて
自分で決めた計画を絶対に死守しましょう!


千葉県高校入試 併願パターンの研究<基礎編その2>

ゆずです。

千葉県の高校入試の情報としては
とてもためになる情報を提供してくれているサイトに
「さくら進学クリニック」
というサイトがあります。

昨年の娘の高校受験では色々とお世話になりました。

その「さくら進学クリニック」の
進学コラムに
併願パターンの研究<基礎編その2>
という記事がアップされています。
当該記事⇒http://d.hatena.ne.jp/sinkuri/20131003

前回の併願パターンの研究<基礎編その1>
の記事はこちら⇒http://d.hatena.ne.jp/sinkuri/20130927#p2


10月に入り
そろそろ高校受験において
併願のことも考えなければいけない時期ですね。

ぜひ千葉県の上位校を目指す
受験生の皆さんは参考にされるといいと思います。

後悔のないように
併願パターンの研究もしっかりとやってくださいね。

ちなみに
ちなみに2013年、娘の併願作戦は

私立:昭和学院秀英高校
私立:市原中央高校
公立:千葉東高校

でした。

「さくら進学クリニック」の進学コラムの記事にあてはめると

・公立志望校が1番手校の場合・・・「公立1+私立1+私立3」

ということになります。

その「さくら進学クリニック」の
併願パターンの研究<基礎編その2>の記事では
公立1と私立3ではレベルに差がありすぎるということで
お勧めできないパターンとして紹介されています。

我が家も
娘と一緒に色々話し合った結果
公立に落ちた場合市原中央高校に通うことになっても
後悔しないと娘が言うのでこのパターンに決めました。

住んでいるところや経済的な事情など
各ご家庭で色々とあると思いますが
ご家庭内において子供の意見も踏まえつつ
最善の併願パターンを見つけてください。

あとは
ひたすら合格に向けてがんばってください。
受験生のみんな!

応援しています。

2013年度 8時限目「夏休み前までにしておきたいこと」

こんにちは
ゆずです。

まだ娘は帰って来ませんね。
図書館で勉強中でしょうか?

前期定期考査の手応えを
聞いてみたいところですが、今日も泊まりの仕事なので
会えるかな?

明日の朝まで会えないかもしれません。

ん~!

気になる。

さて話は変わりまして

さくらweb進学塾の記事が更新されていました。

2013年度 8時限目「夏休み前までにしておきたいこと」

娘の受験では
色々と参考にさせていただいたブログです。

千葉県の受験生は
是非チェックをしておいてください。

千葉県以外の受験生にも参考になる部分は
色々とあると思うので興味が湧く記事があれば
目を通しておいてくださいね。

今回の記事は

「夏休み前までに第一志望校をはっきり言えるようにしよう」

ということでした。

受験の天王山
夏休み前に志望校を決めてのぞむのと
志望校が決まらずなんとなく受験だからやらなくちゃな
というのでは雲泥の差があるとのことです。

うちの娘は
この時期どうだったかな?

漠然としたイメージで娘自身は
「千葉市立 稲毛高校」を希望していたと思います。

というより高校について
あんまり情報を自分で収集していなくて
中学受験で「千葉市立 稲毛中学」を受けたので
なんとなくその高校部に当たる「千葉市立 稲毛高校」を
口にしていたような気がします。

市進の定例の偏差値的にも
ちょうどいいぐらいの感じだったので・・・。

でもそれでは
駄目ですね。

やっぱり
理由はなんでもいいんですが
「自分はこの高校に絶対入るんだ」というぐらいの
強い気持ちを持って夏休みに突入するべきですね。

そのためには
情報収集も必要ですね。

簡単な方法は、受験ガイドです。
手元においておいてヒマな時間にパラパラ見ておきましょう。
あくまでも暇な時間にね!

各都道府県で
受験ガイドみたいなものは発行されているんでしょうか?

千葉県だと「市進の受験ガイド」が
さくらweb進学塾でもおすすめされていました。

うちの子供は市進生ですので
当然、自宅にあります。
 

高校受験ガイド 2014年入試用 千葉・近県

そして、受験ガイドで自分が通えそうな
高校をピックアップしたら説明会や文化祭、体育祭などに行って
高校の雰囲気をつかんでください。

親に言われたからとか友達の付き合いで行くのではなく
自分の意志で参加しないとプラスの印象が自分の中に
残らないようです。

そういえば
うちの娘も千葉東高校の説明会や
文化祭(東雲祭)に参加しましたが、自分から積極的に参加したわけではないので
なかなか最後の方まで千葉東高校にどうしても行きたいという気持ちが
湧かなかったですね。

「行けたらいいな~!」ぐらいの感じでした。

受験間際になって
ようやっと「千葉東に絶対行きたい!」という気持ちには
なりましたが、夏休みぐらいにそういう気持ちの盛り上がりが
あればもう少し楽に受験勉強も進められたかなという気もするので
ぜひ、この時期に志望校を明確にイメージするのもいいんじゃないかと
思います。

では (*^ー^)ノ

さくらweb進学塾 記事更新 「会場模試で実力を把握」 

こんばんは
ゆずです。

ちょっとうっかりしていましたが
5月17日に
さくらweb進学塾の記事が更新されていました。

2013年度 7時限目「会場模試で実力を把握」

娘の受験では
色々と参考にさせていただいたブログです。

千葉県の受験生は
是非チェックをしておいてください。

千葉県以外の受験生にも参考になる部分は
色々とあると思うので興味が湧く記事があれば
目を通しておいてくださいね。

このブログでもなるべく
迅速に記事が更新されたらお知らせします。

今回は会場模試のことについてでしたね。

娘の場合は
市進に通っていたこともあり
定期的に行われる定例試験である程度の実力は
把握できていましたがそれでも秋からは会場模試は
毎月受けました。

我が家は
進学研究会の「Vもぎ:千葉県そっくりもぎ」を
9月から1月まで毎月 計5回受けました。

娘:成績一覧に成績を載せてあるので
進学研究会の「Vもぎ:千葉県そっくりもぎ」を受ける方が
いらっしゃれば一つの参考データとしてご覧ください。

千葉県では
進学研究会の「Vもぎ」
総進図書の「Sもぎ」
が分母が大きい会場模擬試験になります。

去年、市進の担任の先生に言われたのは
VもぎでC判定が出れば結構受かる可能性は高いと言ってました。

言葉どうり受け取っていいかは別として
S判定やA判定でなくても合格する可能性はあるということだと思います。

ただ本当に今年度の前期の試験は
難化したのでVもぎでずっとA判定だったのに不合格だった
みたいな声も聞いたのであくまでも模試は模試。
どんな判定が出てもそこは一喜一憂することなく
冷静に自分の力を分析してください。

そうはいっても
難しい部分ではありますよね。

特に保護者が模試の成績に感情を出しては
いけません。(私自身の反省も入っています。)

年齢的にも精神的にも不安定な時期です。

これは当事者になってみないとわかりませんが
いかに冷静に模擬試験の結果を受け止められるかが
大きな試練です。

覚悟しておかないとすごく感情がゆらされます。

今のうちから心の準備をしておかないと
きっと感情の赴くまま言葉や態度に出てしまいますよ。

これ最悪です。

経験済みです。

感情的にならないようにしようと思っていたんです。
それでも出てしまいました。

めっちゃ反省しました。

それでもなんとか軌道修正して
いかに娘の為に裏方に徹することが出来るかを考え
精神的なバックアップをするためにはどうしたら良いかを
ない頭を絞って考え行動してきたつもりです。

最後はいかに子供を信じ、
どんな結果であってもよく頑張ったね。
と言ってあげられるような自分でいられるかだと思います。

そろそろ
親も受験生の親としての準備が必要かもしれませんよ。

がんばってくださいね。


プロフィール

ゆず

Author:ゆず
娘と息子のことについて
色々と書いていきます。

最新記事
最新コメント
オススメ教材




月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。